緊張してくると発汗してしまう

夏の季節とかスポーツをした後に汗が流れるのは当たり前の事ですが、自分は緊張してくると発汗してしまいます。だいたい会社での会議中です。

息が詰まる状態の中で、自分が発表する時間が近づいて来るにしたがって、だんだんと手に汗がにじみ出てくることがあります。まとまった内容になっていて自信を持てるときには例えそのような状況になっても、気にするようなことは無く自ずと掌の汗は治まります。

 

だけど、いまいち自信がない時などは、汗を気にする事で、なおさら汗があふれるのです。周りの人にばれないように平静を装っていると逆効果になり、スポーツ後に出るサラサラの汗じゃなくベタベタ感のある汗になるのです。

状況によっては脇の下から冷たい汗が滴り落ちるのが分かるくらいです。心理的な物なのでしょうけど、それを意識してしまうとミーティングがある日には朝から不安を抱いてしまいます。自分の性質だと理解したうえで、じょうずに付き合っていきたいですね。

 

少し歩くだけで汗をかいてしまいます。最初は自分自身が肥えているからなんだろうな、と考えていましたが減量して痩せても今までと同じ感じなので、「ちゃんと代謝しているんだから元気な証拠」と思うようにしていましたが、体を動かすだけで背中に汗をかいて下着が見えてしまう事が嫌なのです。

 

背中だけならまだしも、お尻も汗をかいてしまうので漏らしたようになってしまいます。ぴったりとフィットした服なんて着れず常時自分の背面に気を配りながら過ごしています。

夏の時期だけならまだいいのですが、冬の時期も何枚も服を着れば汗をかいていたのです。けれども寒い時期に薄着すれば寒くなるし、病気にもなりやすいです。

汗をかいたまま家に帰り着替えなかったら体が冷たくなってしまうし気温の変化などに気を使っています。暑い時期に汗が出るから、なんて店に入ってエアコンがきいている所に入れば汗が冷やされるので身体が冷たくなってしまいます。夏場にしても冬場にしても汗をかいても、体によいことがまったくなく汗なんてかきたくないと思います。

汗対策におすすめ⇒アセカラット

 

多汗症な私は暑い夏が終わるとホッとするのです。けれどもそれも秋の間だけで、冬の時期になってもまた汗で悩みむことが増えます。

レストランやショッピングモールで屋内に入ったときに、じんわりと汗が出ます。屋外で冷えていた体が急にエアコンが効いている暖かい室内に入る事で汗が出て、それがなかなかひいてくれない。

化粧崩れはもちろん足が蒸れてくるのも分かるし、皆平然とした顔でショッピングを楽しんでいるのにわたし自身は汗を拭きながら歩いているので恥ずかしくなってしまいます。

 

「汗ひいてくれないかな」と願っても治まらず焦れば焦るほど汗が出てくるという負のスパイラルに今はあきらめています。どうにかせめて顔には汗をかきたくないのですが、そんな性質なのでしょうがないのかなと凹んでいるのです。

ですが体質なのだと考えていたのですが、前以上に汗の量が多くなったと思ったのです。その前までは汗が出てきたとしてもそれほど時間をかけずに治まっていたように思うのです。

「寒いからといって重ね着し過ぎない、汗臭がしないようにキレイにしておく、汗の臭いを懸念して香料を大量に使い過ぎない」以上はわたくしが毎日気遣っている事です。そろそろ冬という寒い時期になりますが頑張って汗と戦います。

 

身体の臭いに悩んでいます。特に夏場などはそこかしこにデオ&ウォーターをつけた後に洋服を着ます。

身体の臭いが強烈なのかバスとか地下鉄に乗るとまわりが遠のきます。空いている席に座ろうものなら席が空きます。(これは特権ですかね?)

 

お風呂に入ったときにはかなりこすって洗うのですが二時間も経たないうちに何か臭う?と気になります。ネットでいろいろと調べたところ、偏った食生活がダメ、というのを見ましたがきちんとバランスを考えて食事しているのですが。

加齢臭のような気がしています。それともボディー石鹸が合っていないのか、色々と試しています。仕事場ではコロン系は使用不可なのです。

ですのでなるべく発汗しないように小型のデスクファンで踏ん張ってますが、焼け石に水でどうしよもありません。社の方針でクーラーの設定を高く設定している為冬の季節は問題ないのですけど、夏の季節は大変です。

 

汗が滝の様にでます。デオトラントスプレーの意味がありません。何かいい解決策は無いですかね・・・。

いい香りには色々なメリットがある

「女子力が高い女性」から想像する印象は十人十色でしょうが、大多数の方があげる印象、それは「良い匂いがする」ということです。いい香りには色々なメリットがあります。

まず、人に与えるイメージ。気品のある香水や、柔軟剤やシャンプーがふわっと香る女性は、清潔感があり魅力的な人間と印象づけることが出来ます。
オードトワレや、香り付き柔軟剤、ヘアケア用品は最近では多種多様な品が出ていますので、お気に入りの匂いがきっと見つかるはずです!

 

ただし、匂いの付けすぎには気を付けなければなりません。特にコロンの香りレベルが強すぎるのは下品なイメージになってしまうだけでなく、電車やエレベーターなどで他人の香りと混ざって迷惑を掛けてしまう恐れもあります。とにかく「ほのかな香り」レベルを保ちましょう。

それから、心地よい匂いは人に良く思われるだけでなく、自分にも良い点があるのです。誰しも自分の好きな香りに中にいると、幸福感を得られます。
コロン等出先での「香り」だけじゃなく、お部屋の中も、ルームスプレーやアロマディフューザーなどで、お気に入りの匂いにするとGOOD!

そうすることで心が落ち着き、美意識も高まります。いい香りに包まれて、人も自身も満たされる、「ステキ女子」にあなたもなってみませんか?

 

ストレッチングは美しい容姿づくりに取り入れたい運動です。柔軟ストレッチは年齢を問わずやれる手軽なものなので、年配の人でも行えますし子供でもやれます。

ですが、可動域が狭くなっている箇所や柔軟性が失われた筋肉などを伸び縮みさせる為に痛い感覚があったりします。このせいでストレッチ体操をやりたがらない方が結構いますが私は「ちょっと待った!」と言いたいです。

 

少し痛いくらいなら頑張った方がゆがみやコリが取れますし、強い痛みを感じるところまでストレッチ体操をするのは良くありません。痛くて顔が真っ赤になってしまうような無茶苦茶なストレッチ体操は身体をいじめているだけでストレッチ体操とは言えません。

正確なストレッチ体操の仕方に基づいて行えば萎縮していた筋なども少しずつ伸びて柔軟な体がゲットできます。正しいやり方でなければ痛く感じるけれど痛気持ちいいところまでにするといいですよ。

これだったら出来ない人はいないはずです。ストレッチングを正しく行うだけで美しくなれますよ。

 

あたしが美容のために、気を使っていることは、安定した「睡眠」をえることです。過去に、心労がたたりあまり眠れなくなったことが一年の半分程あったのですが、その際の肌のコンディションはひどいものでした。

睡眠不足のなので、青い「クマ」が出来、肌に色むらが見られて、小じわが見られました。睡眠の時間が少ないことで、こんなに素肌に問題がおこるなど予想外だったので、びっくりしました。

 

精神的重圧がなくなってからは、また眠れるようになったのですが、それからというもの「睡眠」捉え方に変化が生じました。最大限に、22時から2時の、俗に言う「肌のゴールデンタイム」間内には、「寝るぞ」と決めています。

さすがに22時には寝付けないので、24時前には眠っています。更に、良い睡眠が取れるように、寝室は完ぺきに暗くして、僅かな物音でも起きてしまったり、熟睡が邪魔されないように、耳せんをつけて寝ています。ぐっすりと眠るのは、確かにそれだけでスキンケアになりますし、体の調子も整います。

冬でも汗臭くならないようにデオドラントスプレーで対応

私自身大変汗をかきます。冬場でも、すこしからだを動かしただけでもアセをかきます。その為、汗臭くならないように、デオドラントスプレーとかで対応しています。

暑い夏の地下鉄の中では、周りの人が僕を汗クサイ臭いの人と思わないかと気にしています。また、若い女性の近くなどでしたら、非常に心配してしまい、違うところに移動したくなるのです。

 

汗が匂う原因は、食生活にあるのではないかと思ったので、変えてみました。最初に、肉を多く食べると大変臭くなるということが分かったので、お肉の量を減らしました。

次に、お野菜を多く摂るように変えました。今行っている、汗臭くならいようにする方法としては、なるべく汗をかかないように薄着するようにしています。

それから、水分を取りすぎないようにしています。大量に水を摂取した場合アセが出やすくなるとわたし自身は考えたからです。体臭の中でも汗臭はすごく気になります。体のニオイや汗のニオイを抑制する手立てがないのか探しています。

 

身体のニオイって身体のいろんな所から発せられるものですよね。足の裏や脇下、時には全体的に臭うなんてことも・・・。

相手に迷惑を掛けないようにどなたもそれなりの対策は立てているでしょう。私自身も、普通に臭いが発生しやすい場所は意識して清潔にしてきました。

 

だけど先日、母親から「何かにおうよ」と指摘されました。耳を疑ったわたし・・・。常に綺麗にしているはずなのにと。

体臭があると言われても「体臭」って本人では把握しづらいですよね。なので、どの箇所が臭いのか恥を忍んでお母さんに臭いチェックをしてもらいました。勿論足の裏をクンクンしてもらうのは悪いので足元以外のわき、胴体部分など調べてもらいました。

最終的ににおっていたのは、耳裏部分でした。耳の裏側がにおうなんて意外すぎて衝撃を受けましたが、よくよく考えたら意識的にキレイにした事がありません。調べてみると、耳裏部分は石鹸カスが残ったり汚れが定着しやすい箇所ということでした。

 

と言う訳で、洗髪時に耳の後ろも欠かさず洗い上げるようにしました。みんなも気を付けてくださいね。

馬鹿に出来ない「ニオイ」、それは耳裏部分。

 

体臭というのは自分自身と一体化しているため本人は気付かないのが一般的なのですけど、周囲の人に指摘を受け感づく事もあります。けれども、本人にそれをいうのは度胸が必要なので実際は指摘するような事はないので、自分の体臭がどう思われているのか知る由もないのが事実です。

 

足の臭いにおいては靴下が包んでくれている事と、靴を履いて出かける事が多々あるので一年を通して蒸れやすいためニオイやすい部分です。足がクサイかなと思った時の対策として綺麗に洗うことが一番大切なのですけど、その他にもきれいにしとかないといけない事があります。

いつも履いているクツなのですがちゃんと手入れしないとニオイの元になってしまって雑菌が繁殖をしてしまうのです。黴菌が増えてニオイのあるくつに足を入れた場合、足に菌が付着をしてしまいますのでニオイが出てしまうのです。

 

洗う事が出来るクツはきれいに洗って清潔にしておかなければいけませんし、洗えないものであれば中敷きを敷くようにしてしょっちゅう取り換えるのもいいと思います。

あと天日干しするだけでも殺菌作用はあるのでなるたけ天日にさらしてもいいと思います。靴の匂いの発生源からケアをして行く事がニオイ予防につながるのです。

<参考情報>女性のワキガ対策におすすめのクリアネオ

友達に「気にし過ぎ」と言われるニオイのこと

他の人のニオイというのは、何故こんなにも気になるんでしょうか。友達には、「気にし過ぎ」と言われるのです。

でも、近付いただけで匂いがするのは、耐えられませんよね。スーパーなどの店舗で、前にそこにいた方の汗くさい臭いがしたら、すぐにそこを離れます。

変わった人と思われても全然かまわないです。そう思うくらい、くさい体臭って人を不快にするんです。

 

最も嫌だと思うのが、汗臭です。夏なんて、悲惨です。電車の中とかだと、真剣にツラくなってきます。

少し前、あんまり周りの体臭が嫌で、その車両を降りたことがあります。マジで、マスクなどで鼻を覆っていないとまともに移動できない状況です。

 

自分の体臭ケアはどうかと問われれば、しっかりと気配りしているつもりです。家を出る前には汗拭きシートでケアしてますし、暑い季節はこまめにシャワーを浴びます。自分が臭ってもダメなので、においに関しては気遣うようにしています。

それと、香水も好きじゃないから、できるだけ香りがないものにしているのです。

 

日頃利用しているスーパーに凄くクサい店員さんがいるんです。そのスーパーに行くたびに見るのですけど、常にニオイが気になってしまいます。たぶんそこにいる人もクサいと思っている人っていると思うのです。

ちょっと臭う程度なら気にならないのですけど、凄いニオイがするので買い物する気がなくなります。その店員さんは気が付いていないのかな?結構な体臭なので気づいてもおかしくないと思います。

当の本人が分からなくても店長とかが言ってあげてもいいのではないでしょうか。野菜コーナーや総菜コーナーで品出しをしていると購入意欲がなくなります。

 

先日鮮魚売り場でその方が働いていた時、魚の匂いと体臭がブレンドされて異様な匂いがした事があるのです。店員さんの見た目とか臭いといった事の教育はちゃんとして貰いたいって思ったのです。

現場などで働いている作業員だったらまだしも、食べ物を販売している場所での見た目とか臭いって大事だと思いませんか?

どうしても臭ってしまうようなスタッフがいるのなら、裏方的な仕事に努めてもらうなどしないといけないと思います。

 

脇下のニオイが強烈な人の誘いで食事をしにいったことがあるのですが、楽しみにしていたお料理も箸が進まなかった経験があります。食べたいお料理が来ても、「脇臭」が強くって、とにかくいつまで経っても臭い。近距離にいることで脇臭を感じて食事できなくなったこともあります。本当に困ってしまいます。

 

本人に自覚を持たせることがいいのでしょうが、やっぱりごはん屋さんや病院の医師、看護師、教員、美容師、エステサロン、マッサージ師、営業職など人と密接に関わる業種の方は、治療を受けるか、自分自身で対策を立てた方がいいと思います。万一本人が認識出来ていないようなら、それは友人がキチンと教えてあげるべきです。

隠し続けても両者にマイナスの事しかありません。どうアドバイスすればいいのか思いやりのある伝達方法を全員で考えていくべきだと思います。「わきが」の方だけじゃなく、どんな人であ

<参考情報>ラポマイン 通販

 

今回はあたしが実施している体臭ケアを綴ります。季節柄どうしても一段と体臭が気になるのでニオイ対策に力を入れています。

 

先ず基本中の基本ですが、カラダをキレイにする事です。体を洗う時には臭い取りの効果があるものや殺菌成分配合の石けんを使うようにしています。外出前に出来るだけシャワータイムを設けるようにしています。

 

友達が、「体臭が気になるなら、下着は蒸れにくくて抗菌効果のあるやつを着るといいよ」と言っていたので、大抵その様なインナーウェアを使っています。

 

仕事の休憩時間は、パウダーが入ったデオドラントローションをウエットテッシュに振り掛けて、出来る限りこまめにニオイの元を取るようにしています。職業柄、靴の中も汗ばんでくるので、アンダーウェアと一緒で臭くなりにくいソックスを身に着けるようにし、履き替え用のソックスも持って行っています。

 

そんな感じで自分が出来る限りの消臭対策は、特に暑いシーズンには欠かせません。気温が低い時期にはさほど気に掛からないのでここまでやることもありませんが、汗を流す夏には日々体臭予防ケアを行うようにしています。

 

女性で脇の汗を心配している人で多いのが暑い夏だと思うのです。しかし、あたしが特にワキ汗に困るのがニットを着用する冬の時期です。女性的にみられる真っ白なセーターを着て、エアコンが効いて暖かい場所に行くだけでわきの所に汗をかくのです。

 

だから、白いニットは数回程度着ただけなのに脇部分だけ黄ばんできてしまうのです。下手すると一回しか着ていないのに黄色くなってしまい、人に気付かれたかもと恐ろしくなってしまうほどです。

 

夏のわき汗なら友人達もある程度は「仕方ないよね」と共感してくれますが、冬の時期の脇汗に気付かれてしまうとドン引きされるんじゃないかと怖くなってしまいます。

 

わき汗が出ると、気掛かりなのは汗ジミだけじゃなく臭いがする事と蒸れる事です。人に寄られるのが怖くなるだけでなくて、肌が丈夫ではないわたしはわき汗が原因で両脇に汗疹が出来てしまい夏でもキャミソールは着られません。

私が思うに汗かきさんを悩ませるのは、夏の時期ではなく冬の季節だと思います。

美肌づくりの秘訣は睡眠です

20代のころは一睡もしなくても、どうってことなかったのに、年齢が上がるにつれ、徹夜してしまうと、素肌の潤い感や、メイク乗りに悪影響が出てくるものです。メイクを施そうとしても、リキッドファンデの伸びも悪く、ボロ隠しで重ねれば重ねるほど、崩れやすくなってしまう・・・。

結局、その事って「いい眠り」と深い関係性があるのです。お肌は夜10時~深夜の2時の時間帯に活動を始めるのです。バスタイムを終えて、肌ケアをして横になり貴女が眠っている時に、お肌が吸収していくのです。

 

社会人になると、なかなか計画通りに就寝できませんが、夜10時~2時の間に熟睡していれば、お肌の中の細胞が活性化され、次の日いい肌状態で起きられるのです。けれど、睡眠の質が大事なので、安眠できていないと、肌のターンオーバーも促されません。

睡眠は浅い眠りと深い眠りがありますので、寝る時間が長くなくてもしっかり眠れていれば、問題ないのです。

 

どの位、質の良い睡眠をとるかが大事です。ですが、その土台となるのは、とにかく「寝る」って事です。キチンと眠らなければ、いくら値の張るスキンケア用品をつけようが、意味がないのです。

一見、見た目は綺麗になっている様に見えるかもしれませんが、ベースは睡眠です。これが美肌づくりの秘訣ですよ。

 

「美容」を意識して、うちの中では大体お化粧をしないでいるようにしています。素顔でいる時に人が訪ねてきたら、マスクをつけて出ます。

「だてマスク」で覆ってしまえば、目ぐらいしか見られないのでメイクしないでいてもたいして気に掛からないです。

 

これまで素顔のままで云々といっていましたが、一応アイブローだけはやってます。さすがに「眉無し女」だと恐怖ですもんね。

化粧というものは、やっぱりお肌には良くないものだと考えてしまうのです。ことにスキンコンディションが悪かったり、体が不調のときにお化粧をすると、お肌の荒れが進むような感じがします。

しかしながら人気の多い場所にノーメイクで出かけるのはまずいと思うので、やむを得ず化粧を施しています。

 

すっぴんでお仕事に行くのとかも非現実的な話ですよね。ですが、できるならなるべくすっぴんでいたいです。素肌美人になりたいからです。

素肌美人ならお化粧をする手間自体も減るし、何と言っても美肌なだけで見栄えがよくなります。いつもは不可能でも、日曜日におうちでゆっくりしている時など化粧なしで生活して休化粧日にしてあげるのが大事だと思います。

子供の頃から悩みの乾燥肌

子供の頃から乾燥肌で悩んでいます。

冬の時期は、足の皮膚はひび割れしてしまうし、粉を吹いて白くなって恥ずかしくて素足を見せれません。

 

手はガサガサに乾燥したあげく、関節のシワの部分が切れてしまうし、手の指先は切れたらいつまでたっても治らない。

こまめにクリームなどをつけていますがまったく効果がありません。

 

顔の皮膚も乾燥してガサガサしているので、ファンデーションなどもきれいにのらないし、ボロボロ。

秋から冬にかけての乾燥する時期だけであればまだ我慢できるものの、春先の花粉時期も肌荒れがひどいです。

 

もともと花粉症もあるために、春先はくしゃみと鼻水がとまりません。

そのためいつも鼻が真っ赤になってしまうのですが、肌が乾燥しているために、鼻をかみすぎたりしていると、乾燥しきった鼻の周りの皮膚が荒れて皮がむけてしまったり、鼻の穴の周りの皮膚が切れて本当に痛い。

 

こんな肌質を治したいと思いますが、皮膚科に通ってもこまめに保湿をするしかないと言われるだけ。

オイリー肌に悩む人が羨ましいです。

 

肌悩みから改善策

化粧品をきちんと使うようになってから、肌悩みのうちの肌あれって殆ど経験したことがありませんでした。

帰りが遅くてもメイクオフは必ずするものだってしていましたし、20代はじめの頃を除けば食事も一日3食きちんとしていましたから。

 

そんな歳月から肌悩み、食事はちゃんと食べてるしスキンケアも怠ってないけれど、なんかお肌のコンディションが優れないという時期がありました。

その前もメイクや肌よごれはちゃんとクリアして、保湿も化粧水を数回手にのせて充分だったはずなんですけど、なかなか回復できなかったんですね。

同じ化粧品をいつもどおりに使ったり、念入りにしても回復できないっていうことは、年齢ということからその化粧品では足りない部分があるっていうことでしょうと思いました。

 

その改善策として美容液を使う様にもなり、洗顔フォームも洗浄力のおだやかな商品にし、化粧水は美白用、乳液は使わずクリームのスリーステップとしました。

ちょっとの肌疲れは美容液1~2滴多くして、スペシャルケアしなくてもこのシンプルさで冬肌のりきりました。
<参考情報>ヒアルロン美潤 通販

野菜を食べられない子供時代

我が家の子供たちは、ほぼ全く野菜を食べられません。

親としては、子供たちは元々風邪もひきやすいし小柄なため、かなり心配になっちゃいます。

なので、ついつい食卓に野菜を並べては、やっぱり食べない子供たちにイラついてしまうのです。

 

でも、思い出してみれば私自身、子供の頃ってかなりの偏食児童でした。

野菜を食べるのはもちろん、お肉も苦手で、家族の中でも私だけ食べないメニューの日には私だけ別メニューを作ってもらっていたのです。

 

そんな私も、かなり母には心配されていたのでしょうが、私は今ではちゃんと野菜も食べられます。

やっぱり大人になるにつれて、食べ物の好みも変わってくるのでしょうか。

栄養も気になるからですが、それだけでなく野菜の美味しさに惹かれるようになったのです。

 

逆に、小さな頃好きだったスナック菓子などはあまり食べなくなってます。

野菜を食べることって、大人になればほとんどの人が自然にできるようになるのかも、と思います。

 

だから、子供が今、あまり野菜を食べないことに対してカリカリしなくても良いかな、と思えてきました。

小さな頃は甘みのあるものが受け入れやすいから仕方ないけれど、野菜の美味しさは、歳を重ねるときっと分かるようになるでしょう。

朝早起きして自分だけの贅沢時間

2人の手が焼ける子どもと手がかかるパパがいるので、気づけば朝起きてから夜寝るまで「自分だけの時間」が全くないです。

 

なので、最近朝起きる時間を1時間早めて、早朝に自分の時間をつくっています。ちなみに起床時間は4時半、まだまだ真っ暗です。さすがに眠いので夜は8時に子どもと一

緒に就寝しています。

 

この1時間で何をするかというと、趣味の一つであるヨガを40分行います。みんなが寝静まっているシーンとした静寂のなかで、誰にも邪魔されず自分の息だけを感じてヨガをするととても気持ちがいいです。早起きの眠気も吹っ飛び、体が軽くなります。

 

ヨガが終わると、パパには内緒で購入したちょっと高めのコーヒーを入れ香りを楽しみます。迫り来る怒濤の家事開始時間まで、ゆっくりじっくりコーヒーを味わいます。

 

静かな空間で私が大好きなことをし、誰にも邪魔されない自分だけの時間を堪能できるこの瞬間が幸せです。1日の栄養を蓄える大切な時間です。