教えてもらった洗顔のやり方だと洗い上がりが全然違ってくる

肌をきれいに保つ為に、日々のお手入れは欠かしませんが、やっぱりどうやっても、老いていく歳は避けられません。

であれば、スキンケアのランクをあげたくなるのが一般的ではないでしょうか。

でもその前に、まだまだやれることがあると思うんです。

 

私自身が行っている事は、ルーティーン的な洗顔をする事です。

最初に、顔を洗う石けんをちゃんと泡立てます。

掌だけでは泡立ちが悪いので、市販の泡立てネットを使用するといいですよ。

 

それから、泡を両手で持って顔を洗うのですけど擦りつけるように行うのではなく、泡だけで包み込むように顔を洗います。

手で洗うというよりも、泡だけをお肌にあてる感じです。

 

次にぬるま湯を使って十分に泡を流して、顔を拭くのですがその際にも擦るのではなく、顔を押さえるように優しくタオルドライします。

こうする事で、洗い上がりが全然違ってくるのです。

この方法は、サロンを利用した際にスタッフさんから聞いたことなので大丈夫です。

 

美肌術として大事なのが、肌状態に適した「保湿」を日頃からやっていくという事です。

まずは美容化粧水でお肌に水分チャージです。

第二に、美容液で集中的な保湿をしてあげます。

ライン使用で目標を定めてやっていっくのもいいと思いますし、◯◯対策用みたいな集中美容液を季節毎に変えて用いるのもいいと思います。

 

具体例としては、湿度の低い時期だったら保湿力の高いしっかりと潤い感がでる保湿液。

紫外線の強い時期には、シミ対策用美容液を使うなど、時期によって気になる肌トラブルを保湿対策と並行してしっかり肌メンテしてあげましょう。

そして最後はクリームか乳液です。

これはその時の肌状態によってつけ心地の軽い乳液タイプを選ぶか、こくのあるフェイスクリームを選ぶか、使い分けると良いでしょう。

 

その時に気をつけてほしいのが、こういったアイテムは水分補給した美容ローションや濃縮美容液の水分を保持して、閉じ込めるために使用するので分厚く塗らないことが大事です。

薄皮一枚分くらいのイメージで使うのがベストですね。

自分の自己治癒能力が弱まるので過度な「保湿」は行わないようにしましょう。

 

美容に気を付けていることは髪を綺麗に保つことです。

髪は毎日のようにケアしますし、一日に何度も手入れするので、1回1回慎重に髪が傷まないように手入れしています。

髪の場合はお肌と同じではなく、悪くなってしまった部分を自力で補修したり修復する力を持っていません。

 

お肌がダメージを受けた場合肌が持っている力で治せるのですが、髪の毛はそういう訳にはいきません。

なので髪はお肌以上に気を使って手入れしています。

自分はシャンプーをし過ぎないように気を付けていますが、毎日髪の毛は洗わなくてもいいということを知り髪の毛を見て洗うか洗わないかを決めています。

 

髪や頭皮のヨゴレが気になったときにだけ髪の毛を優しく洗っています。

髪と髪をが擦りあわないようにシャンプーしているのですこし時間がかかってしまいますが、良質の物を使うのでシャンプーの泡にトリートメント効果もあって一石二鳥です。

シャンプーは質が良いものを選んだ方が確実に髪の毛はきれいになると思います。

 

部分的に乾燥肌だったりするのですが、そのような潤いが足りない所が日々いつの時間にも無くなるようにちょくちょくケアをするようにしています!顔を洗った直後がもっとも潤い不足になるので、そのときはすごく丁寧に何度も美容液などをつけては乾燥を防いでいます。

 

「ニキビ」が現れたり皮ふのトラブルやしわができてしまう原因というのも、肌の潤い不足を放っておいたことにより起こっていると体感しているので、カサカサしないようにケアをすることが何はともあれ物凄く重要なんだなぁと思う訳です。

お肌には化粧水を贅沢に与え保湿力を高めてから、自分にあっている乳液などでうるおいを閉じ込めるという美容法がとても乾燥肌対策には有効性があるのです。

 

うるおいが保たれていると素肌自体にハリ感がでてきて、艶やかな感じも継続されるので、結局乾燥肌対策は重要なのです!なおいっそう乾燥がひどくなる寒いシーズンには、保湿マスクでしっかり保湿ケアすることも大切なポイントです。

兎に角、乾燥している時間が少なければ少ないほど、肌荒れがなくなるので、意識して努力を重ねることが最も美肌作りの基本だと考えています。