デオドラントが肌に合わない場合は運動と食事で対策を

汗のニオイや、脇のニオイ、誰でも一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

体臭は自身で認識しづらいので、「ニオイがしているかな」と気に掛かる事もあると思います。

制汗スプレーなどを利用するのも1つの対策となりますが、肌に合わなかったり、洋服にデオドラント剤のにおいが移ってしまうからと敬遠している人もいると思います。

この記事では、デオドラント製品を利用しない汗の臭いを抑える方法をご案内いたします。

 

基本的とも言える効果のある対策は、日常的に全身運動をしたりして、汗を掻く事。

汗腺や皮フに蓄積した垢や汗は、ニオイの元となります。

そんなニオイの元を日ごろの運動で詰まらないようにしておけば、基本的な汗臭などは大幅に減ります。

春夏は外で体を動かせばしっかりと汗が流せます。

発汗しにくい寒い時期は室温が高めの室内で汗を出すといいと思います。

 

次に、「体臭」が作り出す食べ物を控えることです。

メンチカツや竜田揚げなどの揚げ物や、ネギや香辛料といったニオイがきつい食物を普段から大量に摂取すると、体臭もきつくなります。

それから、酒も代謝される際にとても臭いものに変化していくのです。

そのような食物や酒類の過剰摂取に心当たりのある方は、節制を心掛けると体臭が軽減されるかもしれませんよ。

 

汗の悩み事というと、頭の汗が挙げられます。

キュートな帽子をかぶっていると、頭の汗のせいで台無しになってしまうのです。

かわいい帽子を取って、汗でべちゃべちゃだった場合、憂鬱になるのです。

 

髪の毛の場合、ヘアスタイルを決めるのに、ムースやスプレーでいい感じに固めたりしますよね。

ですので、髪の毛においての汗の悩み事って根深いものがあるのではないでしょうか。

わたくしは、出来れば頭から汗は出てほしくないです。

 

仮に、頭の汗の悩みが解決できるようなものができたら、試したいと思っています。

頭から出る汗というのは、そんなに暑くない時でも、自ずとかいている事が多いです。

ですから、無自覚のままたくさん汗をかいてしまい、知り合いに「汗だくだ」といわれた事でようやく気がついたりするのです。

頭皮の汗を吸ってくれて、あっという間に気化するような機能が備わったぼうしがあるのであれば、それなりに高くても使ってみたいと思っています。

 

私自身の性質だと思いますが昔から多汗症で夏の時期だけじゃなく、冬でも暖房が効いた温かい所ではにおいと汗のシミが気になるのです。

暑い時期に白いTシャツを着るときは下にタンクトップは欠かすことが出来ませんし、日に2~3度着替えます。

汗をかいている時にエアコンが効いている屋内に行くと洋服が濡れているため、体が冷めてしまうため体調を崩す事もまれにあるのです。

 

他にも汗が出たせいで化粧は崩れてしまうし、日焼け止めなども落ちてしまうので肌コンディションも夏はベストではないです。

また汗って乾いてもシミになってしまうとか、加えて臭いとか事と次第によっては白い粒がふいてしまっていることもあるので1日中外出している時には着替えとか持ち込むと荷物になってしまうし、着替えられる場所を探し出すのも大変と言えます。

 

スプレー式の制汗剤やデオドラントクリームも使用してみたのですが、あんまり効いてない気がしますし、でも手術をするのは費用も掛かってくるし悩んでしまいます。

そして年を取ったためか以前以上に臭いが気になるようになってきたのでミドル脂臭に有効な石鹸を使っているのですけどどのくらい効果があるのだろう?といった程度なのです。

 

私はワキの所から汗が出てくるので、一年中、臭いなどに気をつけています。

汗で色が変わるような色のシャツを着ていると、見えてしまいます。

会社の同僚からわき汗をツッコまれて、恥ずかしくなりました。

 

けれども、自分で汗をかかないようにするなんてできないため、考えないようにしていたのです。

ですが、よくよく考えてみると、自分の汗は仕方がないとしても目の前の人の脇汗を見るのってイヤだと思ったのです。

 

私もホントは、人の汗は見たくはないと思います。

運動した後で爽快な汗でも、できる限り見せないようなシャツの方が良いのです。

そのうえ汗のみならず、汗のニオイもあると最悪です。

私としては臭いには気をつけている方ですが、人のにおいは気になります。

 

ですから、私自身は暑い季節はアルコールを口にしないようにしています。

アルコールがにおいの元になりやすく、自分が臭う事が分かったからなのです。

 

冬の時期でもカラダが冷えないように葫を食べると、暖房がついた部屋ではニンニクが汗のニオイとなってしまうのです。

そのため、季節を問わず、汗と臭い対策は必要不可欠なのです。

チェック⇒デトランスα お試しキャンペーン

 

自分は汗が出るとまわりがどう思っているのかが気になっています。

自分でもベタベタするので嫌だし「何で運動したわけでもないのに汗が出てくるのかな」と思うのです。

普通の作業にも大量に汗が出るのでフェイスタオルと替えのシャツは必須アイテムです。

 

ハッキリと言われたわけではありませんが、誰かがクサいって言っていると思い込んでいる自分がいるのです。

聞いた事すべてをマイナスに考えていると考えるときもあるのです。

 

発汗するのは当たり前の事ですし特別な事ではないのに、それをバッシングする人もいるので、そこは自分の気持ちの処理をどうするかが大切になるんだと思っています。

非難するならそうすればいいという風に考えるのって難しいなと思っています。

 

他人に面倒をかけたくないと思う事って当たり前の事ですが、多汗症を気にしすぎて友だちに気づかいさせていては気の毒だし自分自身も辛いのでやめようと思いました。

心遣いは大事なのですけど自分を追い込んでまで悩まなくても良いと思い直しました。

他人を非難する人は何かあれば口にするので、汗臭以外でも全般的に文句を言いたい人なんだなと思いました。