自分では正しい姿勢を取っていると思っていることが大変

近頃美容に関して気遣っている事は、「姿勢を良くする」ことです。

姿勢を正すと腰痛、ダイエットなど様々な症状に効果があるというのは有名です。

それと体力もつくのだそうです。

 

私の姿勢は良い姿勢ではありません。

でも、自分では正しい姿勢を取っていると思っていることが大変なんです。

ふと鏡を見てみると驚きます。

そして鏡で自分を見ながら姿勢を正してみても、腰が曲がっているように見えます。

 

何故なのでしょう?

本当の綺麗な姿勢というのがどれなのかがよくわかりません。

姿勢が良くないからなのか食生活がいけないのか分からないのですが、すぐ腰痛になるし、お腹は出てくるし、すぐに疲労感がでて少し歩くだけですぐにバテバテなのです。

 

お腹の事に関しては何か物心ついたころから出てるんですけど。

けれども、こんなわたくしなのですが小まめに鏡を見て姿勢を正しくしています。

壁面に背中をくっつけたりして姿勢を確認したりとか。

 

さっき書きましたがいい姿勢っていうのがどの姿勢なのかよくわからないので、今までの姿勢の癖を治す事からはじめています。

何かいい効果が現れたらまた書きますね。

 

若い時には全く気にもならなかったのですが、今では美容と言えば一番最初に「保湿」が大切だと感じたのです。

毎年、お肌の水分が失われていく事は分かっていました。

 

元々、年齢が上がった事での潤い不足、夏の季節は冷房、寒い冬は暖房が効いている会社で一日中働いていることでもたらされるお肌の乾燥、夏場の日焼け、冬の乾燥などなど普通に肌が乾燥する当たり前の状況で暮らしているので、埋め合わせをしなければどうにもならない状況でした。

 

また、乾燥というのはシワになる原因になってしまいます。

それを阻止するためにも保湿が肝心になってきます。

 

ちょっと高いのですけど、3年くらい前から基礎化粧品を保湿に力を入れた物にしてみました。

高級化粧品だから良いということではもちろんありませんが、ずっと若い人が使う様な化粧品をこのまま使っていても駄目なので、年齢相応のスキンケアでケアしています。

やっぱり、それなりに効果が現れてきて、しっとり感があって肌の乾燥をだいぶ防ぐことができていると思います。

だからかはわかりませんが、私自身が言うのもおかしいのですが、良い歳なのですがそこまでシワは多くないです。

 

肌がしっとりしているとお化粧のノリも違ってくるのです。

保湿は本当に重要だと思います。

 

自分は歯並びに不安があって右よりも左側で噛むことが多いのです。

歯並びがきれいじゃないので右の方に虫歯治療の痕があって、詰め物が気がかりになってよく噛むことができません。

勿論のことですがちゃんと歯医者へ行って暫定的なつめものではなく永続的なものを詰めてあります。

 

だけど食べ物がよく絡んで煩わしいので右で噛むことを避けるようになったのです。

けれども左の歯でずっと噛んでいると右のほおがたるんできてしまうのですね…。

必然的に使っていない方のホッペの筋肉は弱くなります。

 

左の歯で噛むのに慣れてしまって知らず知らずに左側ばかり使っていたことを反省して近頃は右の歯でも噛むようにしています。

気をつけていなければつい左ばかりに戻ってしまうので困ってしまいますが、いつも気をつけながらものを噛むようにがんばっています。

 

それとガムを噛む場合は右の歯で噛んでいます。

多少でも右の頬の筋肉をつけるためにやっているのですが、ガムをよく噛むようにしているせいか右側の頬に張りが出てきました。