ハードな運動はしていないのに手汗をかいてしまう体質が悩み

私自身は汗っかきです。

基礎体温は低いのですが手や足はあたたかい、いうなれば冷性の多汗症なのです。

ハードな運動はしていないのです。

でも気付くと手汗をかいています。

 

夏の季節はわき汗を大量にかいていて、Tシャツの色が変わるくらい。

出来るだけ汗が溜まってしまわないように、わきのむだ毛は剃っています。

デオドラントクリームも使っています。

その甲斐あって汗の臭いはマシになりました。

 

ですが、いくら予防を試みても汗は出るのです。

服がぐっしょり濡れてカラダにひっつくと気持ち悪いです。

 

緊張感のある場面では手汗が出てきます。

手の平の汗が気になってしまい、また緊張状態に陥ります。

握手をするような場面は危機を感じます。

手汗が凄いという理由で物珍しく見られたという事はありませんが、やはり気にしてしまいますよね。

 

多汗症に気付かれたくなくて、他人と接触する事から逃げてしまうのです。

スポーツをしてくても汗をかくのが怖くて、家に引きこもりがち。

汗が出るのは悪い事ではないのですけど汗はかきたくないと思うのです。

 

女の人の中でわき汗を気にしている人で沢山いるのが夏の季節ですよね。

けれども、自分自身が一番わきの汗で困っているのがニットを着用する冬の季節です。

女性的にみられる白いセーターを着ると、ヒーターなどで暖められた室内に行くだけで脇に汗をかいてしまいます。

 

だから、真っ白なセーターはそんなに何度も着ていないのだけどワキの箇所のみ汗のシミができてしまいます。

ひどい時は1回袖を通しただけで黄色くなってしまい、人に気付かれたかもとオドオドしながら過ごしていました。

夏の時期のワキ汗だったら周囲の人も案外「そういう事もあるよね」と共感してくれますが、冬のわき汗が分かってしまうとひかれそうな感じがして怖くなってしまいます。

 

ワキ汗をかいた場合、心配になるのは汗ジミだけじゃなく匂いや蒸れです。

近くに人が来ることに恐怖を感じるだけじゃなく、私は肌が荒れやすい性質でワキに汗をかくせいでワキの所に汗疹ができてしまい一年を通してキャミソールを着る事ができません。

自分は汗っかきが苦悩するのって、夏場ではなく冬場なのです。

 

人はそれなりに体から臭いを出しながら生きているものです。

自身の蒸れた靴を脱ぐときの足の臭いなど、臭いながら皆の前で靴を脱ぐ機会がなくてよかった、なんて思っていました。

今からうん十年前の小学校の頃に経験した「ニオイ」にまつわる出来事が辛い想い出として残っています。

 

それは今までに嗅いだことのないニオイで本当にイヤな匂いでした。

そのにおいは、必ずといっていいほど登校すると感じるものでした。

何のにおいかがはっきりして、困ったことになったなと思いました。

その匂いは、わたしと仲良しの美人の友人が発している、腋臭でした。

 

あたしは彼女にアドバイスをしてあげられませんでした。

美人さんで、男子人気も高かったからなおさらです。

 

でも、あるとき。

友人のTシャツのワキの所が、汗で染みていたのですが、ちょっとすると黄色く変色していました。

幼心にもさすがに放っておけなくなって、みんなが気づきだしたから、彼女に体育着に取り替えるよう助言しました。

あんなキレイな子がその日から、からかわれるようになってしまったこと。

 

私にとってもキツい出来事でした。

勇気を出して助言したのも仲良くしていていたからこそなのです。

その時はかなりギクシャクしたけど、友人は母親に言ってクリニックに連れて行ってもらったら治りました。

 

数ヶ月後に友達にズバッと言ってくれてありがとうと感謝されて、言うのがちょっと遅かったかななと反省しました。

キレイな子だっただけに、男子生徒たちのショックは相当だったみたいで、それから友達はモテなくなってしまいました。

そういうお年頃だったんですね。

 

それから、わたしなりに身体のニオイを気にするようになり、衛生面に気を付けたりしっかりと汗を取り除くようにしています。

ですが最近、加齢による体臭にはかなわないなぁって思っています。

 

電車やバスなどの空間にいると自分が臭いかどうかが心配になります。

車内などがギュウギュウですぐそばの人が臭うと嫌な気持ちになります。

でも、自分の「ニオイ」は自身では認識出来ないですよね。

もしかしたら目の前の人の鼻を襲っているのではなかろうかと結構気に掛かります。

 

体臭ケアとしては汗が流れたら汗ふきシートを使うようにしていますが、真夏などはそれが追いつかないので若干懸念は残ります。

そして、洗濯するときも良い匂いが持続する洗濯用柔軟剤を投入し成る丈汗臭が感じられないように気をつけています。

また、汗をかいたままの洋服はすごくクサくなるので着替えるようにもしています。

こういったことで気をつけていなかった時よりも体臭は軽減されたと思います。

 

昔は横にいた人に睨まれているような気がしたりしたけどこの頃はありません。

とにかく体臭は自分自身では気が付かないことが多いので気をつけるようにしたいですね。

もしも、臭いがするかもしれないと思ったら臭いケアを始めましょう。

 

本人では自分の臭いが把握できないのでキツいですが、周囲の人に聞く勇気も大切だと思います。

私の場合は人には聞いていませんが、まず母に聞こうと思っています。

「体臭」に関してはこれから先も気をつけていきたいと思います。