友達に「気にし過ぎ」と言われるニオイのこと

他の人のニオイというのは、何故こんなにも気になるんでしょうか。友達には、「気にし過ぎ」と言われるのです。

でも、近付いただけで匂いがするのは、耐えられませんよね。スーパーなどの店舗で、前にそこにいた方の汗くさい臭いがしたら、すぐにそこを離れます。

変わった人と思われても全然かまわないです。そう思うくらい、くさい体臭って人を不快にするんです。

 

最も嫌だと思うのが、汗臭です。夏なんて、悲惨です。電車の中とかだと、真剣にツラくなってきます。

少し前、あんまり周りの体臭が嫌で、その車両を降りたことがあります。マジで、マスクなどで鼻を覆っていないとまともに移動できない状況です。

 

自分の体臭ケアはどうかと問われれば、しっかりと気配りしているつもりです。家を出る前には汗拭きシートでケアしてますし、暑い季節はこまめにシャワーを浴びます。自分が臭ってもダメなので、においに関しては気遣うようにしています。

それと、香水も好きじゃないから、できるだけ香りがないものにしているのです。

 

日頃利用しているスーパーに凄くクサい店員さんがいるんです。そのスーパーに行くたびに見るのですけど、常にニオイが気になってしまいます。たぶんそこにいる人もクサいと思っている人っていると思うのです。

ちょっと臭う程度なら気にならないのですけど、凄いニオイがするので買い物する気がなくなります。その店員さんは気が付いていないのかな?結構な体臭なので気づいてもおかしくないと思います。

当の本人が分からなくても店長とかが言ってあげてもいいのではないでしょうか。野菜コーナーや総菜コーナーで品出しをしていると購入意欲がなくなります。

 

先日鮮魚売り場でその方が働いていた時、魚の匂いと体臭がブレンドされて異様な匂いがした事があるのです。店員さんの見た目とか臭いといった事の教育はちゃんとして貰いたいって思ったのです。

現場などで働いている作業員だったらまだしも、食べ物を販売している場所での見た目とか臭いって大事だと思いませんか?

どうしても臭ってしまうようなスタッフがいるのなら、裏方的な仕事に努めてもらうなどしないといけないと思います。

 

脇下のニオイが強烈な人の誘いで食事をしにいったことがあるのですが、楽しみにしていたお料理も箸が進まなかった経験があります。食べたいお料理が来ても、「脇臭」が強くって、とにかくいつまで経っても臭い。近距離にいることで脇臭を感じて食事できなくなったこともあります。本当に困ってしまいます。

 

本人に自覚を持たせることがいいのでしょうが、やっぱりごはん屋さんや病院の医師、看護師、教員、美容師、エステサロン、マッサージ師、営業職など人と密接に関わる業種の方は、治療を受けるか、自分自身で対策を立てた方がいいと思います。万一本人が認識出来ていないようなら、それは友人がキチンと教えてあげるべきです。

隠し続けても両者にマイナスの事しかありません。どうアドバイスすればいいのか思いやりのある伝達方法を全員で考えていくべきだと思います。「わきが」の方だけじゃなく、どんな人であ

 

今回はあたしが実施している体臭ケアを綴ります。季節柄どうしても一段と体臭が気になるのでニオイ対策に力を入れています。

 

先ず基本中の基本ですが、カラダをキレイにする事です。体を洗う時には臭い取りの効果があるものや殺菌成分配合の石けんを使うようにしています。外出前に出来るだけシャワータイムを設けるようにしています。

 

友達が、「体臭が気になるなら、下着は蒸れにくくて抗菌効果のあるやつを着るといいよ」と言っていたので、大抵その様なインナーウェアを使っています。

 

仕事の休憩時間は、パウダーが入ったデオドラントローションをウエットテッシュに振り掛けて、出来る限りこまめにニオイの元を取るようにしています。職業柄、靴の中も汗ばんでくるので、アンダーウェアと一緒で臭くなりにくいソックスを身に着けるようにし、履き替え用のソックスも持って行っています。

 

そんな感じで自分が出来る限りの消臭対策は、特に暑いシーズンには欠かせません。気温が低い時期にはさほど気に掛からないのでここまでやることもありませんが、汗を流す夏には日々体臭予防ケアを行うようにしています。

 

女性で脇の汗を心配している人で多いのが暑い夏だと思うのです。しかし、あたしが特にワキ汗に困るのがニットを着用する冬の時期です。女性的にみられる真っ白なセーターを着て、エアコンが効いて暖かい場所に行くだけでわきの所に汗をかくのです。

 

だから、白いニットは数回程度着ただけなのに脇部分だけ黄ばんできてしまうのです。下手すると一回しか着ていないのに黄色くなってしまい、人に気付かれたかもと恐ろしくなってしまうほどです。

 

夏のわき汗なら友人達もある程度は「仕方ないよね」と共感してくれますが、冬の時期の脇汗に気付かれてしまうとドン引きされるんじゃないかと怖くなってしまいます。

 

わき汗が出ると、気掛かりなのは汗ジミだけじゃなく臭いがする事と蒸れる事です。人に寄られるのが怖くなるだけでなくて、肌が丈夫ではないわたしはわき汗が原因で両脇に汗疹が出来てしまい夏でもキャミソールは着られません。

私が思うに汗かきさんを悩ませるのは、夏の時期ではなく冬の季節だと思います。

美肌づくりの秘訣は睡眠です

20代のころは一睡もしなくても、どうってことなかったのに、年齢が上がるにつれ、徹夜してしまうと、素肌の潤い感や、メイク乗りに悪影響が出てくるものです。メイクを施そうとしても、リキッドファンデの伸びも悪く、ボロ隠しで重ねれば重ねるほど、崩れやすくなってしまう・・・。

結局、その事って「いい眠り」と深い関係性があるのです。お肌は夜10時~深夜の2時の時間帯に活動を始めるのです。バスタイムを終えて、肌ケアをして横になり貴女が眠っている時に、お肌が吸収していくのです。

 

社会人になると、なかなか計画通りに就寝できませんが、夜10時~2時の間に熟睡していれば、お肌の中の細胞が活性化され、次の日いい肌状態で起きられるのです。けれど、睡眠の質が大事なので、安眠できていないと、肌のターンオーバーも促されません。

睡眠は浅い眠りと深い眠りがありますので、寝る時間が長くなくてもしっかり眠れていれば、問題ないのです。

 

どの位、質の良い睡眠をとるかが大事です。ですが、その土台となるのは、とにかく「寝る」って事です。キチンと眠らなければ、いくら値の張るスキンケア用品をつけようが、意味がないのです。

一見、見た目は綺麗になっている様に見えるかもしれませんが、ベースは睡眠です。これが美肌づくりの秘訣ですよ。

 

「美容」を意識して、うちの中では大体お化粧をしないでいるようにしています。素顔でいる時に人が訪ねてきたら、マスクをつけて出ます。

「だてマスク」で覆ってしまえば、目ぐらいしか見られないのでメイクしないでいてもたいして気に掛からないです。

 

これまで素顔のままで云々といっていましたが、一応アイブローだけはやってます。さすがに「眉無し女」だと恐怖ですもんね。

化粧というものは、やっぱりお肌には良くないものだと考えてしまうのです。ことにスキンコンディションが悪かったり、体が不調のときにお化粧をすると、お肌の荒れが進むような感じがします。

しかしながら人気の多い場所にノーメイクで出かけるのはまずいと思うので、やむを得ず化粧を施しています。

 

すっぴんでお仕事に行くのとかも非現実的な話ですよね。ですが、できるならなるべくすっぴんでいたいです。素肌美人になりたいからです。

素肌美人ならお化粧をする手間自体も減るし、何と言っても美肌なだけで見栄えがよくなります。いつもは不可能でも、日曜日におうちでゆっくりしている時など化粧なしで生活して休化粧日にしてあげるのが大事だと思います。

子供の頃から悩みの乾燥肌

子供の頃から乾燥肌で悩んでいます。

冬の時期は、足の皮膚はひび割れしてしまうし、粉を吹いて白くなって恥ずかしくて素足を見せれません。

 

手はガサガサに乾燥したあげく、関節のシワの部分が切れてしまうし、手の指先は切れたらいつまでたっても治らない。

こまめにクリームなどをつけていますがまったく効果がありません。

 

顔の皮膚も乾燥してガサガサしているので、ファンデーションなどもきれいにのらないし、ボロボロ。

秋から冬にかけての乾燥する時期だけであればまだ我慢できるものの、春先の花粉時期も肌荒れがひどいです。

 

もともと花粉症もあるために、春先はくしゃみと鼻水がとまりません。

そのためいつも鼻が真っ赤になってしまうのですが、肌が乾燥しているために、鼻をかみすぎたりしていると、乾燥しきった鼻の周りの皮膚が荒れて皮がむけてしまったり、鼻の穴の周りの皮膚が切れて本当に痛い。

 

こんな肌質を治したいと思いますが、皮膚科に通ってもこまめに保湿をするしかないと言われるだけ。

オイリー肌に悩む人が羨ましいです。

 

肌悩みから改善策

化粧品をきちんと使うようになってから、肌悩みのうちの肌あれって殆ど経験したことがありませんでした。

帰りが遅くてもメイクオフは必ずするものだってしていましたし、20代はじめの頃を除けば食事も一日3食きちんとしていましたから。

 

そんな歳月から肌悩み、食事はちゃんと食べてるしスキンケアも怠ってないけれど、なんかお肌のコンディションが優れないという時期がありました。

その前もメイクや肌よごれはちゃんとクリアして、保湿も化粧水を数回手にのせて充分だったはずなんですけど、なかなか回復できなかったんですね。

同じ化粧品をいつもどおりに使ったり、念入りにしても回復できないっていうことは、年齢ということからその化粧品では足りない部分があるっていうことでしょうと思いました。

 

その改善策として美容液を使う様にもなり、洗顔フォームも洗浄力のおだやかな商品にし、化粧水は美白用、乳液は使わずクリームのスリーステップとしました。

ちょっとの肌疲れは美容液1~2滴多くして、スペシャルケアしなくてもこのシンプルさで冬肌のりきりました。
<参考情報>ヒアルロン美潤 通販

 

三十路を越えて身体の調子が素肌に現れるように

昔はさほど素肌のことなど気にも留めていませんでしが、三十路を越えて身体の調子が素肌にしっかりと現れるようになりました。

特にお通じが悪くなるとスキンコンディションが不安定になるので身体の表からというより中からとり込む物を見直そうと考えました。

 

快便を保つために食物繊維総量のおおい食品を進んで食すようになってからというもの肌状態も良くなりました。

朝になると「ヨーグルト」に「アーモンド」とか「黒ゴマ」などを入れてから摂ります。

「豆類」、「キノコ類」、「海藻類」、「こんにゃく」などよく体に入れるようにしています。

 

家で食事がなかなかとれない時は寝る前に十分な量のミネラルウォーターを摂取してから睡眠をとります。

起きた時も朝の食事まえにミネラルウォーターをとりいれるとお通じが良くなる感じがします。

食べ物に配慮してもお腹が張る時は、おへその周りをマッサージをしています。

 

現在はサプリメントも摂るようにしました。

一日に不可欠な栄養素がとり込めるようなやつや美白に効果のあると言われているアスタキサンチンを日々それぞれひと粒ずつ経口摂取しています。

簡単に口にできるし、スキンコンディションも良好です。

 

何事も努力なしに入手できる物なんて無い

体を引き締めるのは永久の課題です。将来的にもダイエットを継続していきます。

 

カロリー制限をしたり、出来るだけ体を動かすようにして、体を引き締めたいと思います。

カロリーの高いラーメンは1ヶ月に1回、外での食事も月1、料理は自分で作る。

肉料理よりも魚料理、べジファースト、穀物系は少なめに。

 

一週間に二度ほどスポーツジムへ通い、水泳は週1回、早めに起きて走って、家事をしつつ少し運動。

きちんとした毎日を送り、アルコールは口にしない。

 

こんな生活をしていると健康的です。

病気になりにくいし、風邪なんて引きません。

だらだらと、いい加減な生活を送ると身体だってだらけて来ます。

 

「汚い部屋で生活している人は太っている。」そういった人は多いと思います。

体形維持は自分に厳しく。

何事も努力なしに入手できる物なんて無い。

素敵な人は一生懸命、女優さんだって。

 

美しくいられるっていうことは本人は当然なのですが、まわりの人達も気分が良いのではないのかなと感じています。

周りの人へのマナーです。

第一印象が良く、誰からも好かれるでしょう。

加齢には勝てませんけど、出来る限り立ち向かっていきたいと思っています。

 

スイーツは極力控えるように努力

日頃から美しい女性になりたいと思っているのでスイーツは極力控えるように努めています。

私はデザートが大好きで子供のころはご飯のあとのスイーツがないとご飯を食べた気がしなかったくらいです。

 

特に好きなのは洋菓子系です。チーズケーキもイチゴショートもモンブランも大好物です。

ガトーショコラも生クリームがたくさん詰まっているロールケーキも大好物なんです。

 

とにかくスイーツに目が無いので少し気を抜いたら瞬く間に太ります・・・。

チョコを食べ始めたら気が付いたら一袋空になっています。

プリンなんて一つだけでは満足できません。

 

「こんなに甘いデザートに目がない人もめずらしい」と友人にもよく言われるんです。

これではダメだと思い立ち甘いお菓子を減らしています。

少しは食べますが毎日食べることはやめました。

 

それに代わって食後に果物を取るようにしています。

食物繊維やビタミンを補うことができるので今みたいな食習慣でいればゼッタイに美しくなれると信じています。

野菜を食べられない子供時代

我が家の子供たちは、ほぼ全く野菜を食べられません。

親としては、子供たちは元々風邪もひきやすいし小柄なため、かなり心配になっちゃいます。

なので、ついつい食卓に野菜を並べては、やっぱり食べない子供たちにイラついてしまうのです。

 

でも、思い出してみれば私自身、子供の頃ってかなりの偏食児童でした。

野菜を食べるのはもちろん、お肉も苦手で、家族の中でも私だけ食べないメニューの日には私だけ別メニューを作ってもらっていたのです。

 

そんな私も、かなり母には心配されていたのでしょうが、私は今ではちゃんと野菜も食べられます。

やっぱり大人になるにつれて、食べ物の好みも変わってくるのでしょうか。

栄養も気になるからですが、それだけでなく野菜の美味しさに惹かれるようになったのです。

 

逆に、小さな頃好きだったスナック菓子などはあまり食べなくなってます。

野菜を食べることって、大人になればほとんどの人が自然にできるようになるのかも、と思います。

 

だから、子供が今、あまり野菜を食べないことに対してカリカリしなくても良いかな、と思えてきました。

小さな頃は甘みのあるものが受け入れやすいから仕方ないけれど、野菜の美味しさは、歳を重ねるときっと分かるようになるでしょう。

朝早起きして自分だけの贅沢時間

2人の手が焼ける子どもと手がかかるパパがいるので、気づけば朝起きてから夜寝るまで「自分だけの時間」が全くないです。

 

なので、最近朝起きる時間を1時間早めて、早朝に自分の時間をつくっています。ちなみに起床時間は4時半、まだまだ真っ暗です。さすがに眠いので夜は8時に子どもと一

緒に就寝しています。

 

この1時間で何をするかというと、趣味の一つであるヨガを40分行います。みんなが寝静まっているシーンとした静寂のなかで、誰にも邪魔されず自分の息だけを感じてヨガをするととても気持ちがいいです。早起きの眠気も吹っ飛び、体が軽くなります。

 

ヨガが終わると、パパには内緒で購入したちょっと高めのコーヒーを入れ香りを楽しみます。迫り来る怒濤の家事開始時間まで、ゆっくりじっくりコーヒーを味わいます。

 

静かな空間で私が大好きなことをし、誰にも邪魔されない自分だけの時間を堪能できるこの瞬間が幸せです。1日の栄養を蓄える大切な時間です。