汗をかきすぎるのも困りものだけど…

汗の悩みに関する事でよくあるのが、発汗する量が多いことです。

けれども、適切な時に汗をかかない事も、また、困り者です。

汗って、デトックス効果もあり、カラダの温度を調節してくれるといった面もあるのです。

だから、汗をそんなにも嫌うこともないのです。

 

汗をかくのに相応しい時に、汗が出なければ反対に病気になる事もあります。

だから、適切な発汗が出来るように体調をいい感じに整えていく事を心掛けましょう。

 

たとえば、半身浴は体に良い事です。

半身浴する場合に間違いやすいのは、やたらめったら温度の高いお湯にして、すぐに入浴をやめることです。

あまりにも熱い湯船につかることは、体の為にはならないし、そのような入浴方法ではきちんと汗を出すことが出来ないのです。

 

汗に関する悩みで、適切な発汗が出来ないときは、自律神経が乱れているかもしれません。

適温の湯にゆったりと浸かり、自律神経の興奮を収めてあげることで、汗も正常にかけるようになるのです。

 

私自身が悩んでいることは緊張するような場面で汗が出てきていしまう事です。

頻繁には足を運ばない洋服屋さんや人前で話をする時など、汗をかいてしまうことが多くあるのです。

春夏秋冬出てしまうので知り合いと洋服屋さんに行って汗をかいてしまうと、「体調良くないの?」と友人が気を使ってくれるのです。

 

他にも、洋服屋さんに行くと洋服を試着する際もそれが気がかりになり試着もそこそこに買ってしまうので、良いお買い物ができないのです。

私自身引っ込み思案な性格なので、初対面の相手と話していると発汗してしまいます。

そのために、店舗スタッフの方から心配されたり煙たがられることもあります。

そんなこともあり、極力気の知れた人以外には近寄らないように控えめにしているのです。

 

他には、やはり汗をよくかくので体臭も気になっています。

香料などをつけると却って汗のニオイと混ざってしまい臭くなってしまうのではないかと気にしてしまうので、コロンやスプレーなど臭いが強い物は極力使わないようにしています。

 

沢山汗をかく方が健康的に感じますが、汗かきの場合は健康には感じません。

運動で発汗するんだったら大丈夫なのですが、チャイニーズレストランで辛みのあるものを食べてしまい、とんでもない量の汗が吹き出しました。

顔全体から汗ができてきて、机や料理にポタポタ落ちてしまったので恥ずかしかった事があります。

 

頭にも汗をかき、髪がべったりとなってしまい、薄毛がバレてしまいました。

髪の毛は風呂から上がったかのようになったので、タオルで拭いました。

 

更に、何度拭っても汗はひかなかったのです。

多分、中華料理がダメなんだと思ったのです。

体からは汗が出ていなく、首から上だけです。

 

そうなると中華のお店にいけなくなってしまい参っていました。

激辛ではないため食べたいと思うのですが、悩みますよね。

辛い料理は好きなんですけど、汗が気になり食べられません。

カレーの場合は汗はかかないのでよくいただいています。

自分が座って寄りかかっていたソファーから体臭が匂う

おなじ石鹸やシャンプーで毎日、というか子どもよりも入念に体を洗っているのですが、どういうわけか違う。

子供は、側を通るときに少しだけ良い匂いが漂う。

だけど、私からはニオイはしない。

むしろ、自分が座って寄りかかっていたソファーから体臭が匂う。

 

これがあの噂の加齢臭なのか?と思っただけで自分自身が年老いたことを認めなくてはならない気がするため怖くなる。

小さい時に感じたおとなのニオイって、私としては特有な感じがした。

ついにその時が来たのかと思うと気が気でならない。

 

十人十色、体のニオイを持っているのだけれど、それがきつい人とそうじゃない人がいます。

私の場合は、恐らくきつい方なのです。

それをケアするために、何をすればいいんだろう。

 

よく考えてやっているのだが、まずは食べ物でニオイが強いものを極力食べないようにしている。

それが例えカラダに良いものだとしても。

そして、もしニオイのキツイものを食べなくてはいけない時があって、それを食べた時には食後にサプリメントを摂るようにする。

これだけで効果がでるのかは、かなりあやしいところなので、食事のメニューには緑黄色野菜を入れるようにする。

 

これに関しては、私自身が言うのもおかしいのですが効果ありな気がします。

どうしてかというと、服に臭いがつかなくなった感じなのです。

だけど、一番問題なのは、やっぱり100%自分の体臭が確認できないところだ。

自分でニオイはないなというつもりでももしかすると臭っているのかもしれないのです。

 

ですからそうした不安から逃れるためにも、自分自身を綺麗にしよう。

それだけでなく、ニオイに不安を感じたらサプリで補っている。

そう思って生活している。

 

わたしは最近、健康に気を配って筋力トレーニングをしたり、タンパク質を摂ることを心がけていたりするのですが、明確に体が締まって脂肪が減ってといった効果を実感しています。

しかしそれら全部が悪い方へを出たのかもしれないけれど、なんとなく前より脇が臭う気がするのです。

脇のにおいは男性ホルモンと関連があると聞いた事があります。

ひょっとしたらそれかもというかんじではっきりとは言えませんけど。

 

それだけでなくわたしはよくワキに汗をかきます。

これは近頃の筋トレをやり始めたせいではなく、子どもの頃には既にその傾向があったような気がします。

さらにその脇汗により、服の両脇が濡れてしまって、そもそも臭いがあることはわかっているのです。

 

けれどもわたしはワキガじゃないのです。

このことは私だけの判断ではないので間違いありません。

だけど最近一日着た洋服がこれまでよりもニオイが濃いような気がします。

 

更には少しわきがっぽい感じもします。

以前は問題なかったのが食習慣の変化でワキガを発症、もしくは発症し始めたところかもしれません。

わたくしもワキガになりたくありませんのでこの先は消臭効果のある食材を摂ったり、必要以上にたんぱく質をとらないように気をつけたいと思います。

 

雑誌などで加齢臭の特集がよく組まれたりしますが、高校生男子の体の臭いもちょっとどうかと思います。

主には電車内で、午後の時間帯です。

スポーツもしてるだろうし、クーラーも学校だとガンガンにかけませんよね。

学生生活ってそんなものなのだからしょうがないのでしょうが、どうにも我慢が出来ません。

 

何と言っても高校に通う男の子たちのスポーツでかいた汗。

男の子は部活後に皆と帰るって感じなんでしょうが、6、7人くらいいて、だれか一人の匂いなのか、もしくはみんなニオイを発しているのか、かなり強烈な「脇臭」や「汗臭」や「足臭」のブレンド攻撃です。

また入っている部によっては持って帰るユニフォームなどからも臭いニオイがする場合もあります。

部活帰りの17、18歳くらいの男子は遠巻きに見ているぶんには、可愛いですが近くでは困りものです。

 

テストか何かで電車が一緒にならない時は快適です。

彼らは体臭を気に掛けたりしないのでしょうか?この頃の男子高校生は、一昔前より身なりに気遣っていて清潔感あるイメージは一般の高校生には当てはまらないってことかな。

帰りの電車の中では、口元にハンカチは欠かせなくなっています。

デオドラントが肌に合わない場合は運動と食事で対策を

汗のニオイや、脇のニオイ、誰でも一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

体臭は自身で認識しづらいので、「ニオイがしているかな」と気に掛かる事もあると思います。

制汗スプレーなどを利用するのも1つの対策となりますが、肌に合わなかったり、洋服にデオドラント剤のにおいが移ってしまうからと敬遠している人もいると思います。

この記事では、デオドラント製品を利用しない汗の臭いを抑える方法をご案内いたします。

 

基本的とも言える効果のある対策は、日常的に全身運動をしたりして、汗を掻く事。

汗腺や皮フに蓄積した垢や汗は、ニオイの元となります。

そんなニオイの元を日ごろの運動で詰まらないようにしておけば、基本的な汗臭などは大幅に減ります。

春夏は外で体を動かせばしっかりと汗が流せます。

発汗しにくい寒い時期は室温が高めの室内で汗を出すといいと思います。

 

次に、「体臭」が作り出す食べ物を控えることです。

メンチカツや竜田揚げなどの揚げ物や、ネギや香辛料といったニオイがきつい食物を普段から大量に摂取すると、体臭もきつくなります。

それから、酒も代謝される際にとても臭いものに変化していくのです。

そのような食物や酒類の過剰摂取に心当たりのある方は、節制を心掛けると体臭が軽減されるかもしれませんよ。

 

汗の悩み事というと、頭の汗が挙げられます。

キュートな帽子をかぶっていると、頭の汗のせいで台無しになってしまうのです。

かわいい帽子を取って、汗でべちゃべちゃだった場合、憂鬱になるのです。

 

髪の毛の場合、ヘアスタイルを決めるのに、ムースやスプレーでいい感じに固めたりしますよね。

ですので、髪の毛においての汗の悩み事って根深いものがあるのではないでしょうか。

わたくしは、出来れば頭から汗は出てほしくないです。

 

仮に、頭の汗の悩みが解決できるようなものができたら、試したいと思っています。

頭から出る汗というのは、そんなに暑くない時でも、自ずとかいている事が多いです。

ですから、無自覚のままたくさん汗をかいてしまい、知り合いに「汗だくだ」といわれた事でようやく気がついたりするのです。

頭皮の汗を吸ってくれて、あっという間に気化するような機能が備わったぼうしがあるのであれば、それなりに高くても使ってみたいと思っています。

 

私自身の性質だと思いますが昔から多汗症で夏の時期だけじゃなく、冬でも暖房が効いた温かい所ではにおいと汗のシミが気になるのです。

暑い時期に白いTシャツを着るときは下にタンクトップは欠かすことが出来ませんし、日に2~3度着替えます。

汗をかいている時にエアコンが効いている屋内に行くと洋服が濡れているため、体が冷めてしまうため体調を崩す事もまれにあるのです。

 

他にも汗が出たせいで化粧は崩れてしまうし、日焼け止めなども落ちてしまうので肌コンディションも夏はベストではないです。

また汗って乾いてもシミになってしまうとか、加えて臭いとか事と次第によっては白い粒がふいてしまっていることもあるので1日中外出している時には着替えとか持ち込むと荷物になってしまうし、着替えられる場所を探し出すのも大変と言えます。

 

スプレー式の制汗剤やデオドラントクリームも使用してみたのですが、あんまり効いてない気がしますし、でも手術をするのは費用も掛かってくるし悩んでしまいます。

そして年を取ったためか以前以上に臭いが気になるようになってきたのでミドル脂臭に有効な石鹸を使っているのですけどどのくらい効果があるのだろう?といった程度なのです。

 

私はワキの所から汗が出てくるので、一年中、臭いなどに気をつけています。

汗で色が変わるような色のシャツを着ていると、見えてしまいます。

会社の同僚からわき汗をツッコまれて、恥ずかしくなりました。

 

けれども、自分で汗をかかないようにするなんてできないため、考えないようにしていたのです。

ですが、よくよく考えてみると、自分の汗は仕方がないとしても目の前の人の脇汗を見るのってイヤだと思ったのです。

 

私もホントは、人の汗は見たくはないと思います。

運動した後で爽快な汗でも、できる限り見せないようなシャツの方が良いのです。

そのうえ汗のみならず、汗のニオイもあると最悪です。

私としては臭いには気をつけている方ですが、人のにおいは気になります。

 

ですから、私自身は暑い季節はアルコールを口にしないようにしています。

アルコールがにおいの元になりやすく、自分が臭う事が分かったからなのです。

 

冬の時期でもカラダが冷えないように葫を食べると、暖房がついた部屋ではニンニクが汗のニオイとなってしまうのです。

そのため、季節を問わず、汗と臭い対策は必要不可欠なのです。

チェック⇒デトランスα お試しキャンペーン

 

自分は汗が出るとまわりがどう思っているのかが気になっています。

自分でもベタベタするので嫌だし「何で運動したわけでもないのに汗が出てくるのかな」と思うのです。

普通の作業にも大量に汗が出るのでフェイスタオルと替えのシャツは必須アイテムです。

 

ハッキリと言われたわけではありませんが、誰かがクサいって言っていると思い込んでいる自分がいるのです。

聞いた事すべてをマイナスに考えていると考えるときもあるのです。

 

発汗するのは当たり前の事ですし特別な事ではないのに、それをバッシングする人もいるので、そこは自分の気持ちの処理をどうするかが大切になるんだと思っています。

非難するならそうすればいいという風に考えるのって難しいなと思っています。

 

他人に面倒をかけたくないと思う事って当たり前の事ですが、多汗症を気にしすぎて友だちに気づかいさせていては気の毒だし自分自身も辛いのでやめようと思いました。

心遣いは大事なのですけど自分を追い込んでまで悩まなくても良いと思い直しました。

他人を非難する人は何かあれば口にするので、汗臭以外でも全般的に文句を言いたい人なんだなと思いました。

雑巾臭に近いニオイがどっかからする

実を言うと近ごろ困っていることがあります。

先週までは自分で認識も出来ていなかったですし、周囲の人からも指摘された事がなかったようなことです。

悩みはボク自身の足臭がキツいという事実です。

今までは人に苦情を言われた覚えもなく、足のニオイがするなんて考えていませんでした。

 

つい先日のことです。土曜日に、友人宅に訪れました。

行ってからは普通に馬鹿話をしたり、テレビを見たりしていたのですが突然友人が鼻をクンクンし始めたのです。

どうしたのか聞いてみると、友だちが「雑巾臭に近いニオイがどっかからする」と探し始めました。

わたしは彼の急な発言に戸惑うばかりでした。

 

すると友だちが臭いの元を探りながら僕に詰め寄ってきました。

「何なんだよ!」とヘラヘラしていると、「雑巾みたいな足臭させてるんじゃねーよ!お前かよ!」と軽くはたかれてしまいました。

ボクはショックを受けました。

 

そして、友だちが足をクンクンしたら悲鳴を上げていました。

この雑巾臭的なものは、僕の足の裏から出ていたのです。

私はその日から自分の足は臭いという意識を持って、他人を不快にさせないように頑張っています。

 

身体から出るニオイは自身の健康の具合やストレス度合いなどによって、生じやすくなったり、その「ニオイ」がキツくなると言われています。

細かい事がキッカケで「体臭」が発生する場合も多いので、心も体も元気な状態にしておく事が、体臭を悪化させないことに繋がると言えるのではないでしょうか。

 

誰であっても心身の健康状態によってニオイの問題が出てきやすくなるらしいので、ニオイケアとともに健康の維持も必要とされているのだと考えています。

制汗剤等でニオイを抑える事が重要なのと同時に、ニオイを発しにくい体づくりも体臭改善に繋がるのではないかと考えられています。

 

精神的ストレスなどで、一層臭いがひどくなりやすい傾向があるとされているため、心的な疲労を解消することも大切になってくるのです。

これから先も身体の具合やメンタル面が原因で身体の臭いが悪化するという事については、皆さんの関心が高まっていくでしょうね。

 

体の臭いは自分自身では自覚しづらいものですが、それゆえに自分は前から髪の毛や脇や汗の嫌なニオイがしないかと気に掛けていました。

ことに10代の頃はかなり自分が臭いを心配していました。ただ昔は発しなかった臭いでここ最近鼻につきはじめたニオイがあります。

 

それは足の臭いで、前はわたしの「足裏」は臭かったことなどないと堂々としていられたのですが、社会に出て冬時の履き物がブーツ系ばかりになってくると、靴から足を出した時の足の臭いが非常に気になるようになりました。

それも気になるだけでなく、現に独特なムッとする匂いが我が「足」から発せられています。

私がブーツを着用する際はカラータイツなどをはいてからブーツを履くのですが、なのに自身の足とブーツの中からはムワッと臭います。

 

また暑い季節に靴下なしでシューズを履いても同じような臭いがしてきます。

ですから足や靴は日頃から衛生を保つように心掛けているのですが、気をつけていても履き物をぬいだ途端にやっぱり臭さを感じてしまうので、どうにかしたいのです。

 

普段から多汗症気味で、自分の汗のニオイに気を付けるようにしているのですが、特に暑い季節は大汗を掻くとあたし自身でもうわっと思うくらいの臭いがします。

40代になってからは段々と悪化していて、ほんの少し汗が出ただけでもTシャツから汗臭がしてしまい、新しいTシャツに着替えないといけないくらいになりました。

暑い季節に限らず日常的に制汗デオドラントを使っているのですが、たいして役に立ってなくて、今は前よりも効力が低下してるように思います。

 

自分でも嫌になるくらいに、運動らしい運動をしなくても発汗がすごいので、真夏などはホントに気が滅入ります。

40歳半ばともなると「加齢臭」が発生するのは仕方がないことですが、自力で対処しようとしても、今のやり方では何だか気休めにしかなっていない感じがして、どうしたらいいのだろうと頭を痛めています。

体臭防止に効果的なケア方法があるんだったらホントに聞きたいです。

自分は臭くなりやすいと分かっているので、他人に不快な思いをさせているのがホントにすまなく思います。

緊張してくると発汗してしまう

夏の季節とかスポーツをした後に汗が流れるのは当たり前の事ですが、自分は緊張してくると発汗してしまいます。だいたい会社での会議中です。

息が詰まる状態の中で、自分が発表する時間が近づいて来るにしたがって、だんだんと手に汗がにじみ出てくることがあります。まとまった内容になっていて自信を持てるときには例えそのような状況になっても、気にするようなことは無く自ずと掌の汗は治まります。

 

だけど、いまいち自信がない時などは、汗を気にする事で、なおさら汗があふれるのです。周りの人にばれないように平静を装っていると逆効果になり、スポーツ後に出るサラサラの汗じゃなくベタベタ感のある汗になるのです。

状況によっては脇の下から冷たい汗が滴り落ちるのが分かるくらいです。心理的な物なのでしょうけど、それを意識してしまうとミーティングがある日には朝から不安を抱いてしまいます。自分の性質だと理解したうえで、じょうずに付き合っていきたいですね。

 

少し歩くだけで汗をかいてしまいます。最初は自分自身が肥えているからなんだろうな、と考えていましたが減量して痩せても今までと同じ感じなので、「ちゃんと代謝しているんだから元気な証拠」と思うようにしていましたが、体を動かすだけで背中に汗をかいて下着が見えてしまう事が嫌なのです。

 

背中だけならまだしも、お尻も汗をかいてしまうので漏らしたようになってしまいます。ぴったりとフィットした服なんて着れず常時自分の背面に気を配りながら過ごしています。

夏の時期だけならまだいいのですが、冬の時期も何枚も服を着れば汗をかいていたのです。けれども寒い時期に薄着すれば寒くなるし、病気にもなりやすいです。

汗をかいたまま家に帰り着替えなかったら体が冷たくなってしまうし気温の変化などに気を使っています。暑い時期に汗が出るから、なんて店に入ってエアコンがきいている所に入れば汗が冷やされるので身体が冷たくなってしまいます。夏場にしても冬場にしても汗をかいても、体によいことがまったくなく汗なんてかきたくないと思います。

汗対策におすすめ⇒アセカラット

 

多汗症な私は暑い夏が終わるとホッとするのです。けれどもそれも秋の間だけで、冬の時期になってもまた汗で悩みむことが増えます。

レストランやショッピングモールで屋内に入ったときに、じんわりと汗が出ます。屋外で冷えていた体が急にエアコンが効いている暖かい室内に入る事で汗が出て、それがなかなかひいてくれない。

化粧崩れはもちろん足が蒸れてくるのも分かるし、皆平然とした顔でショッピングを楽しんでいるのにわたし自身は汗を拭きながら歩いているので恥ずかしくなってしまいます。

 

「汗ひいてくれないかな」と願っても治まらず焦れば焦るほど汗が出てくるという負のスパイラルに今はあきらめています。どうにかせめて顔には汗をかきたくないのですが、そんな性質なのでしょうがないのかなと凹んでいるのです。

ですが体質なのだと考えていたのですが、前以上に汗の量が多くなったと思ったのです。その前までは汗が出てきたとしてもそれほど時間をかけずに治まっていたように思うのです。

「寒いからといって重ね着し過ぎない、汗臭がしないようにキレイにしておく、汗の臭いを懸念して香料を大量に使い過ぎない」以上はわたくしが毎日気遣っている事です。そろそろ冬という寒い時期になりますが頑張って汗と戦います。

 

身体の臭いに悩んでいます。特に夏場などはそこかしこにデオ&ウォーターをつけた後に洋服を着ます。

身体の臭いが強烈なのかバスとか地下鉄に乗るとまわりが遠のきます。空いている席に座ろうものなら席が空きます。(これは特権ですかね?)

 

お風呂に入ったときにはかなりこすって洗うのですが二時間も経たないうちに何か臭う?と気になります。ネットでいろいろと調べたところ、偏った食生活がダメ、というのを見ましたがきちんとバランスを考えて食事しているのですが。

加齢臭のような気がしています。それともボディー石鹸が合っていないのか、色々と試しています。仕事場ではコロン系は使用不可なのです。

ですのでなるべく発汗しないように小型のデスクファンで踏ん張ってますが、焼け石に水でどうしよもありません。社の方針でクーラーの設定を高く設定している為冬の季節は問題ないのですけど、夏の季節は大変です。

 

汗が滝の様にでます。デオトラントスプレーの意味がありません。何かいい解決策は無いですかね・・・。

冬でも汗臭くならないようにデオドラントスプレーで対応

私自身大変汗をかきます。冬場でも、すこしからだを動かしただけでもアセをかきます。その為、汗臭くならないように、デオドラントスプレーとかで対応しています。

暑い夏の地下鉄の中では、周りの人が僕を汗クサイ臭いの人と思わないかと気にしています。また、若い女性の近くなどでしたら、非常に心配してしまい、違うところに移動したくなるのです。

 

汗が匂う原因は、食生活にあるのではないかと思ったので、変えてみました。最初に、肉を多く食べると大変臭くなるということが分かったので、お肉の量を減らしました。

次に、お野菜を多く摂るように変えました。今行っている、汗臭くならいようにする方法としては、なるべく汗をかかないように薄着するようにしています。

それから、水分を取りすぎないようにしています。大量に水を摂取した場合アセが出やすくなるとわたし自身は考えたからです。体臭の中でも汗臭はすごく気になります。体のニオイや汗のニオイを抑制する手立てがないのか探しています。

 

身体のニオイって身体のいろんな所から発せられるものですよね。足の裏や脇下、時には全体的に臭うなんてことも・・・。

相手に迷惑を掛けないようにどなたもそれなりの対策は立てているでしょう。私自身も、普通に臭いが発生しやすい場所は意識して清潔にしてきました。

 

だけど先日、母親から「何かにおうよ」と指摘されました。耳を疑ったわたし・・・。常に綺麗にしているはずなのにと。

体臭があると言われても「体臭」って本人では把握しづらいですよね。なので、どの箇所が臭いのか恥を忍んでお母さんに臭いチェックをしてもらいました。勿論足の裏をクンクンしてもらうのは悪いので足元以外のわき、胴体部分など調べてもらいました。

最終的ににおっていたのは、耳裏部分でした。耳の裏側がにおうなんて意外すぎて衝撃を受けましたが、よくよく考えたら意識的にキレイにした事がありません。調べてみると、耳裏部分は石鹸カスが残ったり汚れが定着しやすい箇所ということでした。

 

と言う訳で、洗髪時に耳の後ろも欠かさず洗い上げるようにしました。みんなも気を付けてくださいね。

馬鹿に出来ない「ニオイ」、それは耳裏部分。

 

体臭というのは自分自身と一体化しているため本人は気付かないのが一般的なのですけど、周囲の人に指摘を受け感づく事もあります。けれども、本人にそれをいうのは度胸が必要なので実際は指摘するような事はないので、自分の体臭がどう思われているのか知る由もないのが事実です。

 

足の臭いにおいては靴下が包んでくれている事と、靴を履いて出かける事が多々あるので一年を通して蒸れやすいためニオイやすい部分です。足がクサイかなと思った時の対策として綺麗に洗うことが一番大切なのですけど、その他にもきれいにしとかないといけない事があります。

いつも履いているクツなのですがちゃんと手入れしないとニオイの元になってしまって雑菌が繁殖をしてしまうのです。黴菌が増えてニオイのあるくつに足を入れた場合、足に菌が付着をしてしまいますのでニオイが出てしまうのです。

 

洗う事が出来るクツはきれいに洗って清潔にしておかなければいけませんし、洗えないものであれば中敷きを敷くようにしてしょっちゅう取り換えるのもいいと思います。

あと天日干しするだけでも殺菌作用はあるのでなるたけ天日にさらしてもいいと思います。靴の匂いの発生源からケアをして行く事がニオイ予防につながるのです。

<参考情報>女性のワキガ対策におすすめのクリアネオ

 

汗を掻きにくい冬場に、カラダの臭いが悪化する事が多いと感じています。なので、冬には、体臭を心配する人が年齢も幅広くいらっしゃるはずなので、臭いのケアをしっかりとしていく事がポイントになってきます。

梅雨時からの暑い季節には、普通にしているだけでも汗が出てくるため、臭いのケアにはみな熱心に取り組みます。

 

それに比べて、汗を多くかかない寒い時期は、体臭ケアをないがしろにする傾向がありますが、老廃物が汗と一緒に出にくくなり、反って身体から発する臭いがキツくなるとも聞いたことがあります。

適切に臭いのケアを実践すること、冬場もお手入れすることで、体臭の悩みは解消されると思います。この先ますます汗量が減る冬場に、身体から発する臭いが強烈になり不安に思う人が防臭対策をドンドン行うようになると予測されるので、あらゆる形での体臭ケアが実行されていくように思われます。

 

私自身は某体育大学に通っている学生です。この学校は男の子も女の子もたくさん運動や部活をする中でスポーツについて学びます。

男の学生さんは特にクサイ。「あの子腋臭匂うよね?」「すごいくさいんだけど、ありえんわ~」とか、女の子がこき下ろします。その場所にいるだけで異臭がします。

男がクサイのは普通のように感じますが、あたしが特に気になるのは女の子の腋臭です。女子に腋臭はないでしょう?と思う方もいるかもしれないけど、いるんです。

 

女にも腋臭がいます。体育系なので目立ちます。汗をかいた後にクラスで授業をしていると気づいてしまうんです。

このことは真剣にかわいそうだと思うのですけど、わきがを持っている人は自分自身では分からないものなのです。

全然気にていないし、周辺の子たちが「クサイ臭いがする」と話していてもその子は全然気が付いていません。分からないのは辛いですね。

 

女のわきがの事について述べましたが、皆もそんな風にはならないように気をつける必要がありますね。

少しでも臭い!と思ったら制汗スプレーを吹き付けるとかして対処するべきではないでしょうか。

 

体質なのか額や頭皮に汗をよくかきます。特に私は今、更年期の症状がありこれが原因で顔に急に出てくる大量の汗に悩まされています。

さらに、少し前に整体院の仕事を始めたことで分かったことなのですが、更年期以外にも緊張状態でもあせをかくのです。

接客業ですので、初めて受診されるひとに話しかける時などで涼しい季節であっても気付くと額にじわっと汗をかいていることがありました。これが、本気で参ってしまいます。

 

緊張性の汗の場合なんとなく良いものに感じずべっとりとしてニオイを放ってそうな感じがしたため、たくさんの汗対策をしました。

体温が上がりそうなときは首を冷やすようにしたり、舞妓さんの知恵とやらで、胸腺に帯を巻き付けると胸腺いかに汗をかくようになるので顔に発汗しなくなると聞いたので試してみました。

それは緊張して出てくる汗でなければ効き目はあるようでした。

 

近頃悩まされているのが更年期からくるいきなりの汗です。でもこれは婦人科に行ってパッチのホルモン剤を張ると抑制できるという事を知ったのです。

これだけで抑止できるのなら試したいです。少なくとも仕事に支障が出るのでこの汗が出ないようにしたいです。

友達に「気にし過ぎ」と言われるニオイのこと

他の人のニオイというのは、何故こんなにも気になるんでしょうか。友達には、「気にし過ぎ」と言われるのです。

でも、近付いただけで匂いがするのは、耐えられませんよね。スーパーなどの店舗で、前にそこにいた方の汗くさい臭いがしたら、すぐにそこを離れます。

変わった人と思われても全然かまわないです。そう思うくらい、くさい体臭って人を不快にするんです。

 

最も嫌だと思うのが、汗臭です。夏なんて、悲惨です。電車の中とかだと、真剣にツラくなってきます。

少し前、あんまり周りの体臭が嫌で、その車両を降りたことがあります。マジで、マスクなどで鼻を覆っていないとまともに移動できない状況です。

 

自分の体臭ケアはどうかと問われれば、しっかりと気配りしているつもりです。家を出る前には汗拭きシートでケアしてますし、暑い季節はこまめにシャワーを浴びます。自分が臭ってもダメなので、においに関しては気遣うようにしています。

それと、香水も好きじゃないから、できるだけ香りがないものにしているのです。

 

日頃利用しているスーパーに凄くクサい店員さんがいるんです。そのスーパーに行くたびに見るのですけど、常にニオイが気になってしまいます。たぶんそこにいる人もクサいと思っている人っていると思うのです。

ちょっと臭う程度なら気にならないのですけど、凄いニオイがするので買い物する気がなくなります。その店員さんは気が付いていないのかな?結構な体臭なので気づいてもおかしくないと思います。

当の本人が分からなくても店長とかが言ってあげてもいいのではないでしょうか。野菜コーナーや総菜コーナーで品出しをしていると購入意欲がなくなります。

 

先日鮮魚売り場でその方が働いていた時、魚の匂いと体臭がブレンドされて異様な匂いがした事があるのです。店員さんの見た目とか臭いといった事の教育はちゃんとして貰いたいって思ったのです。

現場などで働いている作業員だったらまだしも、食べ物を販売している場所での見た目とか臭いって大事だと思いませんか?

どうしても臭ってしまうようなスタッフがいるのなら、裏方的な仕事に努めてもらうなどしないといけないと思います。

 

脇下のニオイが強烈な人の誘いで食事をしにいったことがあるのですが、楽しみにしていたお料理も箸が進まなかった経験があります。食べたいお料理が来ても、「脇臭」が強くって、とにかくいつまで経っても臭い。近距離にいることで脇臭を感じて食事できなくなったこともあります。本当に困ってしまいます。

 

本人に自覚を持たせることがいいのでしょうが、やっぱりごはん屋さんや病院の医師、看護師、教員、美容師、エステサロン、マッサージ師、営業職など人と密接に関わる業種の方は、治療を受けるか、自分自身で対策を立てた方がいいと思います。万一本人が認識出来ていないようなら、それは友人がキチンと教えてあげるべきです。

隠し続けても両者にマイナスの事しかありません。どうアドバイスすればいいのか思いやりのある伝達方法を全員で考えていくべきだと思います。「わきが」の方だけじゃなく、どんな人であ

 

今回はあたしが実施している体臭ケアを綴ります。季節柄どうしても一段と体臭が気になるのでニオイ対策に力を入れています。

 

先ず基本中の基本ですが、カラダをキレイにする事です。体を洗う時には臭い取りの効果があるものや殺菌成分配合の石けんを使うようにしています。外出前に出来るだけシャワータイムを設けるようにしています。

 

友達が、「体臭が気になるなら、下着は蒸れにくくて抗菌効果のあるやつを着るといいよ」と言っていたので、大抵その様なインナーウェアを使っています。

 

仕事の休憩時間は、パウダーが入ったデオドラントローションをウエットテッシュに振り掛けて、出来る限りこまめにニオイの元を取るようにしています。職業柄、靴の中も汗ばんでくるので、アンダーウェアと一緒で臭くなりにくいソックスを身に着けるようにし、履き替え用のソックスも持って行っています。

 

そんな感じで自分が出来る限りの消臭対策は、特に暑いシーズンには欠かせません。気温が低い時期にはさほど気に掛からないのでここまでやることもありませんが、汗を流す夏には日々体臭予防ケアを行うようにしています。

 

女性で脇の汗を心配している人で多いのが暑い夏だと思うのです。しかし、あたしが特にワキ汗に困るのがニットを着用する冬の時期です。女性的にみられる真っ白なセーターを着て、エアコンが効いて暖かい場所に行くだけでわきの所に汗をかくのです。

 

だから、白いニットは数回程度着ただけなのに脇部分だけ黄ばんできてしまうのです。下手すると一回しか着ていないのに黄色くなってしまい、人に気付かれたかもと恐ろしくなってしまうほどです。

 

夏のわき汗なら友人達もある程度は「仕方ないよね」と共感してくれますが、冬の時期の脇汗に気付かれてしまうとドン引きされるんじゃないかと怖くなってしまいます。

 

わき汗が出ると、気掛かりなのは汗ジミだけじゃなく臭いがする事と蒸れる事です。人に寄られるのが怖くなるだけでなくて、肌が丈夫ではないわたしはわき汗が原因で両脇に汗疹が出来てしまい夏でもキャミソールは着られません。

私が思うに汗かきさんを悩ませるのは、夏の時期ではなく冬の季節だと思います。

野菜を食べられない子供時代

我が家の子供たちは、ほぼ全く野菜を食べられません。

親としては、子供たちは元々風邪もひきやすいし小柄なため、かなり心配になっちゃいます。

なので、ついつい食卓に野菜を並べては、やっぱり食べない子供たちにイラついてしまうのです。

 

でも、思い出してみれば私自身、子供の頃ってかなりの偏食児童でした。

野菜を食べるのはもちろん、お肉も苦手で、家族の中でも私だけ食べないメニューの日には私だけ別メニューを作ってもらっていたのです。

 

そんな私も、かなり母には心配されていたのでしょうが、私は今ではちゃんと野菜も食べられます。

やっぱり大人になるにつれて、食べ物の好みも変わってくるのでしょうか。

栄養も気になるからですが、それだけでなく野菜の美味しさに惹かれるようになったのです。

 

逆に、小さな頃好きだったスナック菓子などはあまり食べなくなってます。

野菜を食べることって、大人になればほとんどの人が自然にできるようになるのかも、と思います。

 

だから、子供が今、あまり野菜を食べないことに対してカリカリしなくても良いかな、と思えてきました。

小さな頃は甘みのあるものが受け入れやすいから仕方ないけれど、野菜の美味しさは、歳を重ねるときっと分かるようになるでしょう。