冬でも汗臭くならないようにデオドラントスプレーで対応

私自身大変汗をかきます。冬場でも、すこしからだを動かしただけでもアセをかきます。その為、汗臭くならないように、デオドラントスプレーとかで対応しています。

暑い夏の地下鉄の中では、周りの人が僕を汗クサイ臭いの人と思わないかと気にしています。また、若い女性の近くなどでしたら、非常に心配してしまい、違うところに移動したくなるのです。

 

汗が匂う原因は、食生活にあるのではないかと思ったので、変えてみました。最初に、肉を多く食べると大変臭くなるということが分かったので、お肉の量を減らしました。

次に、お野菜を多く摂るように変えました。今行っている、汗臭くならいようにする方法としては、なるべく汗をかかないように薄着するようにしています。

それから、水分を取りすぎないようにしています。大量に水を摂取した場合アセが出やすくなるとわたし自身は考えたからです。体臭の中でも汗臭はすごく気になります。体のニオイや汗のニオイを抑制する手立てがないのか探しています。

 

身体のニオイって身体のいろんな所から発せられるものですよね。足の裏や脇下、時には全体的に臭うなんてことも・・・。

相手に迷惑を掛けないようにどなたもそれなりの対策は立てているでしょう。私自身も、普通に臭いが発生しやすい場所は意識して清潔にしてきました。

 

だけど先日、母親から「何かにおうよ」と指摘されました。耳を疑ったわたし・・・。常に綺麗にしているはずなのにと。

体臭があると言われても「体臭」って本人では把握しづらいですよね。なので、どの箇所が臭いのか恥を忍んでお母さんに臭いチェックをしてもらいました。勿論足の裏をクンクンしてもらうのは悪いので足元以外のわき、胴体部分など調べてもらいました。

最終的ににおっていたのは、耳裏部分でした。耳の裏側がにおうなんて意外すぎて衝撃を受けましたが、よくよく考えたら意識的にキレイにした事がありません。調べてみると、耳裏部分は石鹸カスが残ったり汚れが定着しやすい箇所ということでした。

 

と言う訳で、洗髪時に耳の後ろも欠かさず洗い上げるようにしました。みんなも気を付けてくださいね。

馬鹿に出来ない「ニオイ」、それは耳裏部分。

 

体臭というのは自分自身と一体化しているため本人は気付かないのが一般的なのですけど、周囲の人に指摘を受け感づく事もあります。けれども、本人にそれをいうのは度胸が必要なので実際は指摘するような事はないので、自分の体臭がどう思われているのか知る由もないのが事実です。

 

足の臭いにおいては靴下が包んでくれている事と、靴を履いて出かける事が多々あるので一年を通して蒸れやすいためニオイやすい部分です。足がクサイかなと思った時の対策として綺麗に洗うことが一番大切なのですけど、その他にもきれいにしとかないといけない事があります。

いつも履いているクツなのですがちゃんと手入れしないとニオイの元になってしまって雑菌が繁殖をしてしまうのです。黴菌が増えてニオイのあるくつに足を入れた場合、足に菌が付着をしてしまいますのでニオイが出てしまうのです。

 

洗う事が出来るクツはきれいに洗って清潔にしておかなければいけませんし、洗えないものであれば中敷きを敷くようにしてしょっちゅう取り換えるのもいいと思います。

あと天日干しするだけでも殺菌作用はあるのでなるたけ天日にさらしてもいいと思います。靴の匂いの発生源からケアをして行く事がニオイ予防につながるのです。

<参考情報>女性のワキガ対策におすすめのクリアネオ

友達に「気にし過ぎ」と言われるニオイのこと

他の人のニオイというのは、何故こんなにも気になるんでしょうか。友達には、「気にし過ぎ」と言われるのです。

でも、近付いただけで匂いがするのは、耐えられませんよね。スーパーなどの店舗で、前にそこにいた方の汗くさい臭いがしたら、すぐにそこを離れます。

変わった人と思われても全然かまわないです。そう思うくらい、くさい体臭って人を不快にするんです。

 

最も嫌だと思うのが、汗臭です。夏なんて、悲惨です。電車の中とかだと、真剣にツラくなってきます。

少し前、あんまり周りの体臭が嫌で、その車両を降りたことがあります。マジで、マスクなどで鼻を覆っていないとまともに移動できない状況です。

 

自分の体臭ケアはどうかと問われれば、しっかりと気配りしているつもりです。家を出る前には汗拭きシートでケアしてますし、暑い季節はこまめにシャワーを浴びます。自分が臭ってもダメなので、においに関しては気遣うようにしています。

それと、香水も好きじゃないから、できるだけ香りがないものにしているのです。

 

日頃利用しているスーパーに凄くクサい店員さんがいるんです。そのスーパーに行くたびに見るのですけど、常にニオイが気になってしまいます。たぶんそこにいる人もクサいと思っている人っていると思うのです。

ちょっと臭う程度なら気にならないのですけど、凄いニオイがするので買い物する気がなくなります。その店員さんは気が付いていないのかな?結構な体臭なので気づいてもおかしくないと思います。

当の本人が分からなくても店長とかが言ってあげてもいいのではないでしょうか。野菜コーナーや総菜コーナーで品出しをしていると購入意欲がなくなります。

 

先日鮮魚売り場でその方が働いていた時、魚の匂いと体臭がブレンドされて異様な匂いがした事があるのです。店員さんの見た目とか臭いといった事の教育はちゃんとして貰いたいって思ったのです。

現場などで働いている作業員だったらまだしも、食べ物を販売している場所での見た目とか臭いって大事だと思いませんか?

どうしても臭ってしまうようなスタッフがいるのなら、裏方的な仕事に努めてもらうなどしないといけないと思います。

 

脇下のニオイが強烈な人の誘いで食事をしにいったことがあるのですが、楽しみにしていたお料理も箸が進まなかった経験があります。食べたいお料理が来ても、「脇臭」が強くって、とにかくいつまで経っても臭い。近距離にいることで脇臭を感じて食事できなくなったこともあります。本当に困ってしまいます。

 

本人に自覚を持たせることがいいのでしょうが、やっぱりごはん屋さんや病院の医師、看護師、教員、美容師、エステサロン、マッサージ師、営業職など人と密接に関わる業種の方は、治療を受けるか、自分自身で対策を立てた方がいいと思います。万一本人が認識出来ていないようなら、それは友人がキチンと教えてあげるべきです。

隠し続けても両者にマイナスの事しかありません。どうアドバイスすればいいのか思いやりのある伝達方法を全員で考えていくべきだと思います。「わきが」の方だけじゃなく、どんな人であ

<参考情報>ラポマイン 通販

野菜を食べられない子供時代

我が家の子供たちは、ほぼ全く野菜を食べられません。

親としては、子供たちは元々風邪もひきやすいし小柄なため、かなり心配になっちゃいます。

なので、ついつい食卓に野菜を並べては、やっぱり食べない子供たちにイラついてしまうのです。

 

でも、思い出してみれば私自身、子供の頃ってかなりの偏食児童でした。

野菜を食べるのはもちろん、お肉も苦手で、家族の中でも私だけ食べないメニューの日には私だけ別メニューを作ってもらっていたのです。

 

そんな私も、かなり母には心配されていたのでしょうが、私は今ではちゃんと野菜も食べられます。

やっぱり大人になるにつれて、食べ物の好みも変わってくるのでしょうか。

栄養も気になるからですが、それだけでなく野菜の美味しさに惹かれるようになったのです。

 

逆に、小さな頃好きだったスナック菓子などはあまり食べなくなってます。

野菜を食べることって、大人になればほとんどの人が自然にできるようになるのかも、と思います。

 

だから、子供が今、あまり野菜を食べないことに対してカリカリしなくても良いかな、と思えてきました。

小さな頃は甘みのあるものが受け入れやすいから仕方ないけれど、野菜の美味しさは、歳を重ねるときっと分かるようになるでしょう。