最高に笑える映画

映画「トリガール」は最高に笑えて今までに見たことのないくらいおもしろいと思える映画です。
感動や笑いがたくさん詰まっているストーリーなので、見てよかったと思える素晴らしい映画です。

 

がむしゃらに頑張る女の子と負けず嫌いの男子の二人が繰り広げる物語がとてもおもしろいところです。
鳥人間コンテストを舞台にした映画で、練習方法などの裏側を見ることができるので、勉強になることも多いです。
こんなに裏で頑張っているのだと感心してしまいます。

 

二人で人力飛行機を動かすのですが、動かすためには息が合わなければいけなかったりするので、二人の相性が必要になってくるのですが、ゆきなと大志はケンカばかりですぐに言い合いになるところが大変なところなのですが、なぜか飛行機に乗ると息がぴったりで、ケンカして言い合いになる度にスピードが出てとてもいい方向に向かうのがとてもおもしろいところです。

笑って泣ける感動のストーリーになっているのでとてもおすすめな映画です。

 

自分の良さに気づいてそれを大切にしていきたいなと思う映画です

数多くいる素敵なハリウッドの女優さんたちの中でも、ずっと好きなのが、キャメロン・ディアスさん。

若いころはその彼女のとびきり素晴らしいスタイルを際立たせるような役柄で、観る人たちを楽しませるようなコメディ映画にたくさん出演されていました。

 

その彼女が出演している「イン・ハー・シューズ」。

キャメロン・ディアスさんが出ているので、観てみたいな、くらいの軽い気持ちで観たのですが、ストーリーの良さに感動してしまいました。

 

仲良しだけれどもすべてにおいて対照的な姉妹、見た目が地味な姉に、派手でお洒落な妹。仕事をバリバリとこなす姉に対して、いつも適当に生きてきた妹。

そんな何もかもが対照的な姉妹の二人と、二人のおばあちゃん、お父さん、姉を支えるボーイフレンド、妹が出会う素敵なお年寄りのおじいちゃん。

 

ハリウッド映画に出てくるような華のあるキャラクターはストーリーに登場してきませんが、登場人物のひとりひとりがとても素敵な雰囲気で、観ている側を優しい気持ちにさせてくれます。

対照的な姉妹、それぞれちがっているからこそ、そのちがいの良さを生かしていく、私自身もそんな生きかたが出来るように丁寧に暮らしていきたいな、と思わせてくれた素敵な映画です。

 

人生で一度は見るべき映画です

普段からネット配信などで映画を良く見るのですが、過去の名作を大人になってからもう一度見ると感慨深い物がありますね。

先日有名な戦争映画「プライベートライアン」を久しぶりに見たのですが、今まで見た戦争映画の中でやはりNo1だなと改めて思いました。

映像の凄みやリアリティ、色々な人物や目線で捉えた斬新な視点は素晴らしいの一言で、見終わった後に何とも言えない感情がこみあげてくる映画です。

 

特に冒頭の約20分間の「ノルマンディー上陸作戦」は衝撃的で、戦争の凄みや壮絶さがギュッと詰まった手に汗握る迫力です。

実際に戦争に参加した退役軍人曰く「まさにこんな感じだった、足りないのは匂いだけだ。
」と言わせるほどのリアルな戦争現場を再現したスピルバーグはやはり名将です。

 

主役のトムハンクス、ライアン役のマッドデイモンの演技も秀逸ですが、人を撃った事のないアパム伍長は戦争を経験した事のない我々観客に訴えかけるものがあり、
見ていて特に印象に残るものがありました。

人生でたくさん戦争映画を見てきましたが、プライベートライアンを超える名作には未だ出会った事がないので、「人生で一度は見るべき映画」として人にこれからも勧めていきたいと思います。

 

名探偵コナン「ゼロの執行人」はコナン映画の最高傑作です

トリプルフェイスの安室透ファンでない人も虜になるほどカッコよく、アニメではあまり垣間見れない、公安警察官の主人格の降谷零としての彼がメインで見れたところが良かったです。

風見さんと降谷さんのやり取りも良かったし、コナンが風見さんに安室さんが降谷さんだって知っているよと言って、風見さんが「君は一体」となるシーンが好きです。

 

でも、降谷さんが「僕の恋人はこの国さ」と言うセリフが一番視ている人のハートを打ち抜いたし、コナンを助け、道でない道を白い車で暴走する姿が印象的です。

テロの原因を突き止めたコナンは、あの安室さんを恐れさせる頭脳を持っており、信用するに値すると思われているところがすごいと思います。

 

福山雅治さんが歌う「零」も、安室さんを想起させる歌詞が素敵です。

しかし、あのテロを止められたのは、アガサ博士の発明と哀ちゃんの頭脳のおかげなので、博士の発明品はいつも事件解決の役に立っているなあと思わされます。

 

参考サイト:近くのDVDレンタル店を探しているなら動画配信サービスがおすすめ
URL:https://www.watchliveonline.org/

朝早起きして自分だけの贅沢時間

2人の手が焼ける子どもと手がかかるパパがいるので、気づけば朝起きてから夜寝るまで「自分だけの時間」が全くないです。

 

なので、最近朝起きる時間を1時間早めて、早朝に自分の時間をつくっています。ちなみに起床時間は4時半、まだまだ真っ暗です。さすがに眠いので夜は8時に子どもと一

緒に就寝しています。

 

この1時間で何をするかというと、趣味の一つであるヨガを40分行います。みんなが寝静まっているシーンとした静寂のなかで、誰にも邪魔されず自分の息だけを感じてヨガをするととても気持ちがいいです。早起きの眠気も吹っ飛び、体が軽くなります。

 

ヨガが終わると、パパには内緒で購入したちょっと高めのコーヒーを入れ香りを楽しみます。迫り来る怒濤の家事開始時間まで、ゆっくりじっくりコーヒーを味わいます。

 

静かな空間で私が大好きなことをし、誰にも邪魔されない自分だけの時間を堪能できるこの瞬間が幸せです。1日の栄養を蓄える大切な時間です。