美肌づくりの秘訣は睡眠です

20代のころは一睡もしなくても、どうってことなかったのに、年齢が上がるにつれ、徹夜してしまうと、素肌の潤い感や、メイク乗りに悪影響が出てくるものです。メイクを施そうとしても、リキッドファンデの伸びも悪く、ボロ隠しで重ねれば重ねるほど、崩れやすくなってしまう・・・。

結局、その事って「いい眠り」と深い関係性があるのです。お肌は夜10時~深夜の2時の時間帯に活動を始めるのです。バスタイムを終えて、肌ケアをして横になり貴女が眠っている時に、お肌が吸収していくのです。

 

社会人になると、なかなか計画通りに就寝できませんが、夜10時~2時の間に熟睡していれば、お肌の中の細胞が活性化され、次の日いい肌状態で起きられるのです。けれど、睡眠の質が大事なので、安眠できていないと、肌のターンオーバーも促されません。

睡眠は浅い眠りと深い眠りがありますので、寝る時間が長くなくてもしっかり眠れていれば、問題ないのです。

 

どの位、質の良い睡眠をとるかが大事です。ですが、その土台となるのは、とにかく「寝る」って事です。キチンと眠らなければ、いくら値の張るスキンケア用品をつけようが、意味がないのです。

一見、見た目は綺麗になっている様に見えるかもしれませんが、ベースは睡眠です。これが美肌づくりの秘訣ですよ。

 

「美容」を意識して、うちの中では大体お化粧をしないでいるようにしています。素顔でいる時に人が訪ねてきたら、マスクをつけて出ます。

「だてマスク」で覆ってしまえば、目ぐらいしか見られないのでメイクしないでいてもたいして気に掛からないです。

 

これまで素顔のままで云々といっていましたが、一応アイブローだけはやってます。さすがに「眉無し女」だと恐怖ですもんね。

化粧というものは、やっぱりお肌には良くないものだと考えてしまうのです。ことにスキンコンディションが悪かったり、体が不調のときにお化粧をすると、お肌の荒れが進むような感じがします。

しかしながら人気の多い場所にノーメイクで出かけるのはまずいと思うので、やむを得ず化粧を施しています。

 

すっぴんでお仕事に行くのとかも非現実的な話ですよね。ですが、できるならなるべくすっぴんでいたいです。素肌美人になりたいからです。

素肌美人ならお化粧をする手間自体も減るし、何と言っても美肌なだけで見栄えがよくなります。いつもは不可能でも、日曜日におうちでゆっくりしている時など化粧なしで生活して休化粧日にしてあげるのが大事だと思います。

子供の頃から悩みの乾燥肌

子供の頃から乾燥肌で悩んでいます。

冬の時期は、足の皮膚はひび割れしてしまうし、粉を吹いて白くなって恥ずかしくて素足を見せれません。

 

手はガサガサに乾燥したあげく、関節のシワの部分が切れてしまうし、手の指先は切れたらいつまでたっても治らない。

こまめにクリームなどをつけていますがまったく効果がありません。

 

顔の皮膚も乾燥してガサガサしているので、ファンデーションなどもきれいにのらないし、ボロボロ。

秋から冬にかけての乾燥する時期だけであればまだ我慢できるものの、春先の花粉時期も肌荒れがひどいです。

 

もともと花粉症もあるために、春先はくしゃみと鼻水がとまりません。

そのためいつも鼻が真っ赤になってしまうのですが、肌が乾燥しているために、鼻をかみすぎたりしていると、乾燥しきった鼻の周りの皮膚が荒れて皮がむけてしまったり、鼻の穴の周りの皮膚が切れて本当に痛い。

 

こんな肌質を治したいと思いますが、皮膚科に通ってもこまめに保湿をするしかないと言われるだけ。

オイリー肌に悩む人が羨ましいです。

 

肌悩みから改善策

化粧品をきちんと使うようになってから、肌悩みのうちの肌あれって殆ど経験したことがありませんでした。

帰りが遅くてもメイクオフは必ずするものだってしていましたし、20代はじめの頃を除けば食事も一日3食きちんとしていましたから。

 

そんな歳月から肌悩み、食事はちゃんと食べてるしスキンケアも怠ってないけれど、なんかお肌のコンディションが優れないという時期がありました。

その前もメイクや肌よごれはちゃんとクリアして、保湿も化粧水を数回手にのせて充分だったはずなんですけど、なかなか回復できなかったんですね。

同じ化粧品をいつもどおりに使ったり、念入りにしても回復できないっていうことは、年齢ということからその化粧品では足りない部分があるっていうことでしょうと思いました。

 

その改善策として美容液を使う様にもなり、洗顔フォームも洗浄力のおだやかな商品にし、化粧水は美白用、乳液は使わずクリームのスリーステップとしました。

ちょっとの肌疲れは美容液1~2滴多くして、スペシャルケアしなくてもこのシンプルさで冬肌のりきりました。
<参考情報>ヒアルロン美潤 通販