アセると余計に汗が出るという負のスパイラル

汗っかきな私は夏が終わって秋になったらホッと一安心。

けれどもホッとするのも秋限定で、寒くなっても再び汗で悩む事になるのです。

喫茶店やデパートなどの店舗内に行くと、次第に汗が出てきます。

 

屋外で冷やされていたカラダが暖かい屋内に入って汗をかき、これが案外ひかない!化粧はもちろん落ちてくるし足が蒸れてくるのも分かるし、まわりは平然とショッピングしているのに私の場合は汗を拭きながら歩いているのでなんとなく恥ずかしいのです。

「早く治まってよ!」と思っても止まらずアセると余計に汗が出るという負のスパイラルに最近は半ばあきらめモードです。

出来る事なら顔から汗が出ないようになりたいのですが、体質だと思うのでしょうがないのかなと凹んでいるのです。

 

ですが生まれ持ったものだと思っていましたが、前以上に汗っかきになったと思ったのです。

以前は汗をかいても短時間で汗は治まっていました。

「たとえ寒かったとしても何枚も重ね着しない、アセの匂いがしないように清潔を心がける、汗臭を気にして香水などを使い過ぎない」これに関しては自分が常に行っていることです。

もうすぐ冬が来ますが頑張って汗と戦います。

 

自身の汗についての悩みはわき汗が出やすい事です。

季節を問わずに、ちょっと暑いと思ったらすぐさま脇が汗ばみます。

汗をかくと不快になる為、服を変えたいのですけど、それができないことが多いのでそういった事も悩んでいます。

 

夏という時期は暑いので、汗が付いた洋服をそのままにしておくと、臭いがするようになってしまいます。

汗が臭いというよりも、汗がついてしまった服からにおうのです。

 

とりあえず、私の仕事はサービス業ではないため、きちんとした汗の対処はしていません。

けれども日常生活の中で、どなたかと話をする時に、汗が臭うことが原因で嫌われないようにしています。

暑い夏は殆どの人が汗をかいているので、仕方がない場面もたくさんあります。

 

自分は皆よりニオイを感じやすい為、わたし自身の汗だけじゃなく、近くにいる人の汗も気になってしまいます。

もし匂わなかったとしても、汗でびっしょりの状態でショッピングを楽しんでいる人がいたら、不快感を抱いてしまいます。

自分自身は不快を与えないように、ちゃんと汗対策をしていきたいです。

顔用制汗剤 おすすめ

 

わたしはあたし自身の足のニオイに不安を感じています。

ここにきて急にそう感じ始めたのですが、ギリギリ現時点では知り合い等に正面から「ニオイがする」と注意された事はないのですが、自分自身ではとても心配しています。

ここのところ猛暑日も多く、アセを掻きやすいからかなとも思ったのですが、冷房がついた職場で一日を過ごす事を考えると、それが正解とも思えません。

 

「蒸れ」がニオイの原因なのかと思って、メッシュ素材の履物を購入して試してみたりしましたがそんなに効果はありませんでした。

徐々に裸足になる事やサンダル的なものをはくことにも躊躇してしまうようになり、スニーカーを履くことが増えました。

靴を洗剤でゴシゴシしたり、ソックスをこまめにチェンジしていたのですがそんなに効果がありませんでした。

 

爪に汚れが溜らないようにしたり、指間部をしっかり洗浄するように頑張っていますが帰宅して足の匂いを確かめるとやはり足臭があります。

今は足専用デオドラントでもって、ちょっとでも足臭を防ぐようにしています。

もうちょっとするともっともっと汗をかく日も多くなりそうなので、困っています。

 

普段自身の汗臭が気になるような事はほとんどなかったのですが、ついこないだ転職して女性が多い仕事場になったからか、自分自身の汗のニオイが気になるようになってきました。

何せ好ましい事ですけど、傍にはたくさんの若い女の子がいます。

仕事の内容的にどうしても汗をかきますが、女性の人たちはなにかを吹き付けているのか良いにおいがしています。

 

そんな中、汗対策をしていない自分。

これまで一切気にした事はありませんが、やっぱり臭っているのかな?

臭っているかどうかなどと女の子に聞く事なんて出来ませんし、万が一今のところ臭っていなくてももっと加齢したり、夏場になったりすればどうしても臭わざるを得ませんし、汗のニオイ対策は早いところやっておいた方が良いかもしれません。

 

不安になったので、会社帰りにコンビニで学生時代ぶりにスプレー売り場へ行ったのです。

スプレーの他にも、デオドラント商品がいっぱい陳列されていて、僕自身の学生時代が遥か昔のような気がしました。

なので当時使い慣れていた物と同じような物を購入。

 

フレッシュソープの香りがするスプレーです。

早速使ってみようと思います。

これで汗のニオイに不安感を持たずに働きたいです。