肌に化粧品の成分がきちんと浸透していない可能性があるかも?

どれだけ入念に肌の手入れをしていてもお肌が乾燥していたり、肌荒れやしわやシミが心配なときには、肌に化粧品の成分がきちんと浸透していない可能性があります。

だから、化粧落としや洗顔のあとの肌の手入れでは化粧水や乳液や美容液などの成分をきちんと肌の内部まで染み込ませてあげることで、柔らかくハリや潤いのある肌になれるのです。

 

肌のケアで一番初めに使用する化粧水は、お肌に水分を補給するための大切な役目をしているのですが、「どうしても肌のなじまない」、「手間取る」と思う場合は化粧水パックをしてローションを肌に浸透させてあげます。

化粧水をパックすることで自然とローションが肌の内部まで浸透していくので、潤い不足による乾燥状態を防いでシワの対策にもなります。

 

一通りのスキンケア化粧品を確実にお肌の内側まで馴染ませてあげることは厄介ですが、ローションや乳液、クリーム等、どんな基礎化粧品もお顔全体に塗ったら手の平で覆うようにして手の熱を使って押し付けてあげると、ふつうに化粧品をぬった時よりも肌の内部まで化粧品の成分が浸透していくので、毎日やっている肌ケアでは必ず行うようにしています。

 

誰しも同じ様に年を重ねていきます。

けれども、年を重ねるのは避けられないのですがおばさんっぽい見掛けになったり、今の年齢以上に上に思われるのは本意ではありません。

ですので、若くなることはできませんが年齢以上に見られないように気を配っています。

 

残念ながら加齢に伴い脂肪がつきやすくなったりスタイルに変化が出てくるので運動をしています。

全身運動と言っても、フィットネスジムに入会しているっていうことじゃなく軽い筋力トレーニングやフィットネスウォーキングをしています。

 

それから、息のしかたを大切にしています。

「身体」も「精神」も寛いで深い呼吸をするように気をつけています。

そうする事で、からだがほっかほかになって「冷え症」にも効きます。

 

それから、御飯などはいつも好きなものを好きなだけ摂取しますがディナーの後は一口も口にしないようにしています。

身体も心も時間的にもゆとりがあれば「砂糖水断食」をします。

すると身体が軽くなります。

 

部屋掃除もしょっちゅうします。それにより自動的に体をよく動かすのでお得です。

日ごろ利用していないキンニクを使用するようにハウスクリーニングとやると、結構筋トレになってなお良いですよ。

 

自分が美容や健康の為に気をつけていることといえば・・、周りの女性達と比べてわたしが特別何かをしているとは思いませんが…。

とあれこれ考えてみたら、これがそうかもしれないと思うことが見つかりました。

それは”なるべく笑う”ということです。

 

美肌のためというより、イライラの解消の為、鬱憤をためないようにするために、できるだけ1日の内に必ず一つは、お腹を抱えて笑えるのを見ようと思っています。

TVでお笑い番組があるか確かめて、大好きな芸人さんが出演する番組は必ず見ています。

深夜の放送も見たいのですが、これは睡眠不足になってしまうのであとで録画で見ることにしています。

 

笑うと笑いじわが…という説もありますが、思い詰めている時に作ってしまったしわよりは楽しく笑ってできたシワの方が良いと思うのです。

悩みが原因でできた小皺はちょっと厳しいです(泣)どこが面白いかは各人それぞれ違うので、オススメというのはこれと言ってないのですが、なるべくならトゲの無いお笑いを観たほうがいいと思います。

そのほうが美肌になれるような気がします。

メイクオフするのも顔を洗うのもしんどくて何にもせずに横になってしまう

スキンケアで心掛けているのは、ゴシゴシせずにしっかりと取ることです。

要するに、クレンジングと洗顔を重要視しているということ。

夜遅くに帰ると、メイクオフするのも顔を洗うのもしんどくて、更には睡眠時間を少しでも長くする為に、つい何にもせずに横になってしまう、その様な事態になったら100パーセント肌負担が大きくなります。

 

昔だったら、「やっちゃった~」ぐらいで終わりますが、30過ぎてからは、肌ダメージがガツンときます。

そして、前に、某ビューティーアドバイザーから聞いた話なのですが、お化粧を取らずに寝るのは、雑巾で顔を拭いてるのも同じ、だそうです。

怖すぎる話だと思いません?「メイクオフ」はキチンと行うべきですが、ごしごしこするのはコラーゲンを傷める事になります。

 

絶対に、クレンジング液で摩擦しないように取り去るのが大切です。

そして、洗顔を熱いお湯でするのも危険。

水もいいけれど、「毛穴」が引き締まるので、ヨゴレを落とす際には、32℃くらいの水でするのが、一番肌負担がないそうです。

 

余談ですが、クレンジングと洗顔に注意するだけで、適当にやっている方よりもハリや潤いが何倍も違ってくるらしいですよ。

きちんとメイクや汚れを取るって大切ですね。

 

あまり寝ていないと即座に肌にでます。

一昔前はいくら起きてようとなんともなかったのに、年齢のせいか最近では寝不足が直ぐに顔面に現れます。

 

どれだけお金をかけて美肌作りに努力していても、それこそ1回の「睡眠不足」で全部パーになります。

寝不足になると頬がザラッ、アゴラインには赤いにきび。

どうしても眠るのが遅くなってしまった時は、チョコラBBドリンクとか栄養補給剤を補給してから横になると若干いいように思えます。

 

生活環境に変化があったりすると便秘気味になっちゃったりするので、水分をきちんと取ることも心掛けてる。

野菜不足にならないようにする事も重要ですが、水分はもっと大切です。

アセが流れるのが不快で水分を控えていた時は、お野菜を摂っても漢方便秘薬を使っても体操をしても、水分不足を解消するまで便通が良くならなかったのでそれ相応の水分量を摂ることはとても肝心なことなんだなぁと感じました。

 

更には体重減少を目指している時も注意が必要。

油分摂取量が減るためかカサカサ肌になりがちで、放っておくとスキン自体の力で脂を作り出してしまいます。

潤いがないのにギトギトするという異常事態に陥ります。

ですから食事制限をしている折りにはドレッシングなどの油はいつも通り摂取するようにしています。

 

一個でも不十分なものがあると必ず身体に出る。

「からだ」ってすごいですね。

冷え症で基礎代謝も低下しているので、暑いシーズンでもお湯を浴びるだけではなく必ず湯船に浸かるようにしています。

 

暖かい時期は40度程度、涼しくなってきたら40℃以上の熱いお風呂って感じです。

おフロの中ではのんびりとくつろぐことにしているので、ボーっとしたり音楽鑑賞をしたりしてまったりとしています。

 

仕事で歩いてばっかりだった時や長時間立っていたような時は老廃物を流すために足マッサージを行ったり、肩こりや首こりをほぐしてストレスがかかった全身のケアをするようにしています。

これは何回、あれは何分みたいな美容法は苦手なので、取り立ててお湯に入っている時間は決めてはいないのですが、大抵意識しなくとも2、30分はお湯につかってる感じです。

 

前まではシャワー入浴だけでしたが、キチンとおフロにはいるようにしたら二の腕や肩らへんの血行も良くなってきたし、「基礎代謝」もアップしたのか汗をかけるようになってきました。

誰にでも出来るとっても簡単なことですが、湯船に浸かるという事は女子にとって本当に重要な事なんだなぁと痛感しています。

おすすめのコスメ⇒オンリーミネラル デビューセット通販