太陽光線による皮膚へのダメージは本当に怖い

先ずはじめに、UVカット対策が大切です。

特に春先から秋口までは紫外線被害を受けやすいので、何としても紫外線を浴びないように気をつけなければなりません。

「光老化対策」なんてよく聞きますが、太陽光線による皮膚へのダメージは本当に怖いです。

しわやシミがたくさんできてしまうのです。

 

二つ目は栄養摂取です。

どんなに高価な新しい化粧水などでケアしようとも、最も大事な健康状態がよくなければ意味がありません。

バランス良く食べ、太り過ぎず、痩せすぎず、健康な体作りをしていなければなりません。

そうすると健康的な素肌や毛髪が生まれるのです。

 

そして睡眠も大事です。

最近の研究では、午後十時から翌二時の間ににねるって事の他に、3~4時間以上ぐっすり眠ることが重要視されているようです。

ノンレム睡眠のあいだに成長ホルモンを分泌させて、免疫力を強めたり代謝の促進になるそうです。

キチンと適度な時間寝ることは美肌作りや体づくりの上でキーポイントになるようです。

熟睡による心的疲労の回復作用もありますし、皮膚や頭の毛の美容にもなっているのです。

 

美容の為に努力している事は、自分はゆっくりとお風呂に入る事ですね。

体のマッサージなど、ボディケアを就寝前に行おうと思っても、うっかり忘れてしまい眠ってしまったりします。

だからわたしは入浴時間を増やして、浴槽内で軽いマッサージやストレッチをしています。

お風呂は毎日入りますし、うっかり忘れるような事ありませんよね。

 

更に、水中ってからだへの負担が軽減されるため、ムリをすることなく動かせるのです。

リンパマッサージをする事で血行を良くしたり、湯船で温かくなったカラダを流水で冷やすと、毛穴がキュッと張ると聞きそれもやっています。

ただ、のんびりと入浴すると言っても、長く浴槽に浸かっていてはいけません。

 

長時間お湯に浸かっていると湯あたりするし、まず第一に乾燥肌になってしまうリスクがあります。

だいたい10~20分程度、入ると良いと思います。

柑橘系の果物の皮をお湯に入れても良いと思いますし、入浴剤なんかもリラックスできると思います。

自分にとって、リラックスできる空間を作っているので美容に一番良い時間だと思います。

 

美しい肌と言って想像するのは、艶のあるお肌だと思います。

ツヤツヤのお肌にする為には水分を補うことが大切です。

朝と夜に顔を洗っていると思いますが、顔を洗ったら必ずローションや乳液を塗りますよね。

 

ただ塗って終わりじゃなく、肌に浸透させるために手で顔を覆うようにしてつけると保湿効果があると思います。

わたしが行っているお手入れは、保湿に効果的な美容液洗顔料を使うことです。

朝に洗顔をする時に肌に浸透させるためにくるくると回しながら行いました。

 

その後水で洗い流してタオルで拭います。

美容液洗顔をするといつもより潤いがあって肌は乾燥してません。

美容液だから泡立ちもなく、汚れがよく落ちるものではないのですが、朝から肌の調子が悪かったり、色つやが無いと思う時に使えば保湿がされてピカピカの肌になります。

 

普段使っている美容液だけをつけた場合とでは少し変わると思います。

スキンケアをするのに保湿する事は必要です。

荒れた肌でいるよりも潤いのあるつやつやの肌の方が見ていて綺麗だなと思うかもしれません。

 

「美容」にはこれを食べた方がいい、あの美容クリームがすごいとかって、テレビで言ってたりすると即座にノリノリで導入していましたが、結局最近は日常生活における心がけがとにかく大事だと思っています。

専業主婦になり、子育てに専念する毎日なので、美容費に制限があり、高い美容液などを使えなくなりました。

 

最近は薬局とかに並んでいるリーズナブルなメイク用品を買っていますが、肌の状態は今までで一番良いことに気付きました。

思い返せば、夜の基礎化粧品でのお手入れは絶対にやっている、息子がご飯を食べ始める時期になったということもあり朝昼晩と「栄養」のつり合いのとれた御飯を食べる、息子を遊ばせると共に自分も程よくエクササイズを行ったり、日が暮れたら深夜を待たずに速やかに布団に入る、という毎日を過ごすようになったからかも。

 

それまでは寝る前にチョコが止まらなかったり、飲んで帰宅してお化粧をとらないで寝たりすることもあり、起きた時にはスキンコンディションは最悪で前日のビールで輪郭が一回り大きく…なんて事もちょくちょくあったりしました。

でもそんなダメ生活からは抜け出しました。

 

またついこの間「子供がうまれたら優しげな雰囲気になってきれいになりましたね」と褒められたことがあり、精神的なものも外見の変化につながるんだなと認識しました。

ですから外見だけでなく内面のメンテナンスも怠らない事が美肌作りには欠かせないのです。

ハードな運動はしていないのに手汗をかいてしまう体質が悩み

私自身は汗っかきです。

基礎体温は低いのですが手や足はあたたかい、いうなれば冷性の多汗症なのです。

ハードな運動はしていないのです。

でも気付くと手汗をかいています。

 

夏の季節はわき汗を大量にかいていて、Tシャツの色が変わるくらい。

出来るだけ汗が溜まってしまわないように、わきのむだ毛は剃っています。

デオドラントクリームも使っています。

その甲斐あって汗の臭いはマシになりました。

 

ですが、いくら予防を試みても汗は出るのです。

服がぐっしょり濡れてカラダにひっつくと気持ち悪いです。

 

緊張感のある場面では手汗が出てきます。

手の平の汗が気になってしまい、また緊張状態に陥ります。

握手をするような場面は危機を感じます。

手汗が凄いという理由で物珍しく見られたという事はありませんが、やはり気にしてしまいますよね。

 

多汗症に気付かれたくなくて、他人と接触する事から逃げてしまうのです。

スポーツをしてくても汗をかくのが怖くて、家に引きこもりがち。

汗が出るのは悪い事ではないのですけど汗はかきたくないと思うのです。

 

女の人の中でわき汗を気にしている人で沢山いるのが夏の季節ですよね。

けれども、自分自身が一番わきの汗で困っているのがニットを着用する冬の季節です。

女性的にみられる白いセーターを着ると、ヒーターなどで暖められた室内に行くだけで脇に汗をかいてしまいます。

 

だから、真っ白なセーターはそんなに何度も着ていないのだけどワキの箇所のみ汗のシミができてしまいます。

ひどい時は1回袖を通しただけで黄色くなってしまい、人に気付かれたかもとオドオドしながら過ごしていました。

夏の時期のワキ汗だったら周囲の人も案外「そういう事もあるよね」と共感してくれますが、冬のわき汗が分かってしまうとひかれそうな感じがして怖くなってしまいます。

 

ワキ汗をかいた場合、心配になるのは汗ジミだけじゃなく匂いや蒸れです。

近くに人が来ることに恐怖を感じるだけじゃなく、私は肌が荒れやすい性質でワキに汗をかくせいでワキの所に汗疹ができてしまい一年を通してキャミソールを着る事ができません。

自分は汗っかきが苦悩するのって、夏場ではなく冬場なのです。

 

人はそれなりに体から臭いを出しながら生きているものです。

自身の蒸れた靴を脱ぐときの足の臭いなど、臭いながら皆の前で靴を脱ぐ機会がなくてよかった、なんて思っていました。

今からうん十年前の小学校の頃に経験した「ニオイ」にまつわる出来事が辛い想い出として残っています。

 

それは今までに嗅いだことのないニオイで本当にイヤな匂いでした。

そのにおいは、必ずといっていいほど登校すると感じるものでした。

何のにおいかがはっきりして、困ったことになったなと思いました。

その匂いは、わたしと仲良しの美人の友人が発している、腋臭でした。

 

あたしは彼女にアドバイスをしてあげられませんでした。

美人さんで、男子人気も高かったからなおさらです。

 

でも、あるとき。

友人のTシャツのワキの所が、汗で染みていたのですが、ちょっとすると黄色く変色していました。

幼心にもさすがに放っておけなくなって、みんなが気づきだしたから、彼女に体育着に取り替えるよう助言しました。

あんなキレイな子がその日から、からかわれるようになってしまったこと。

 

私にとってもキツい出来事でした。

勇気を出して助言したのも仲良くしていていたからこそなのです。

その時はかなりギクシャクしたけど、友人は母親に言ってクリニックに連れて行ってもらったら治りました。

 

数ヶ月後に友達にズバッと言ってくれてありがとうと感謝されて、言うのがちょっと遅かったかななと反省しました。

キレイな子だっただけに、男子生徒たちのショックは相当だったみたいで、それから友達はモテなくなってしまいました。

そういうお年頃だったんですね。

 

それから、わたしなりに身体のニオイを気にするようになり、衛生面に気を付けたりしっかりと汗を取り除くようにしています。

ですが最近、加齢による体臭にはかなわないなぁって思っています。

 

電車やバスなどの空間にいると自分が臭いかどうかが心配になります。

車内などがギュウギュウですぐそばの人が臭うと嫌な気持ちになります。

でも、自分の「ニオイ」は自身では認識出来ないですよね。

もしかしたら目の前の人の鼻を襲っているのではなかろうかと結構気に掛かります。

 

体臭ケアとしては汗が流れたら汗ふきシートを使うようにしていますが、真夏などはそれが追いつかないので若干懸念は残ります。

そして、洗濯するときも良い匂いが持続する洗濯用柔軟剤を投入し成る丈汗臭が感じられないように気をつけています。

また、汗をかいたままの洋服はすごくクサくなるので着替えるようにもしています。

こういったことで気をつけていなかった時よりも体臭は軽減されたと思います。

 

昔は横にいた人に睨まれているような気がしたりしたけどこの頃はありません。

とにかく体臭は自分自身では気が付かないことが多いので気をつけるようにしたいですね。

もしも、臭いがするかもしれないと思ったら臭いケアを始めましょう。

 

本人では自分の臭いが把握できないのでキツいですが、周囲の人に聞く勇気も大切だと思います。

私の場合は人には聞いていませんが、まず母に聞こうと思っています。

「体臭」に関してはこれから先も気をつけていきたいと思います。

好意を持っていない人でも傍に来ただけでプレッシャーを感じて汗をかく

わたしの場合は全体的から汗が出てしてしまう為たくさんの困り事があるのです。

自分はちょっとしたことで緊張するのです。

そしてプレッシャーを感じるとたくさん汗が出ます。

 

男の方と会話をする時などは好意を持っていない人でも傍に来ただけでプレッシャーを感じてしまい汗をかいてしまいます。

一番凄いのは掌の汗です。

手と手が当たっただけなのに「ものすごい手汗かいてるね」なんて言われてしまうレベルです。

その事を相手の人に感づかれるのも困るのですけど、いちばんは好意のある男の人ではないのに「緊張で固くなっているのかな」と誤解されているようですごく嫌です。

 

それともう一個は汗染みが衣類につくことです。

寒い時期は厚手のインナーを着てなんとかしのいでいますが夏場は暑いにも関わらずカバーできません。

ですから着る服も汗が目立ちにくい色を選ばないとダメなのです。

 

この服可愛いなと思っても色次第で断念する事もあるのです。

色の影響を受けずに洋服を買えたら良いななんて思ってしまいます。

 

夏のファッションと合わせるのも可愛いから、夏でもブーツをはくという方がいますよね。

消臭機能のあるインソールにしていても、デオドラントクリームでケアしても、足のニオイって強烈です。

足の裏って、体の他の部分と違って地について逃げられない為、かなり汗をかきます。

冬場でもブーツの中に靴下を履いていると、靴を脱いだ瞬間に湿っている感じがするのです。

 

厚めのタイツで直接履いている人もいるのですが、考えられないです。

どうしてかというと、足汗のニオイが、ブーツに直接付いちゃいますよね。

しかも素足とか・・・わたくしはブーツを履くことがありますが、靴下は絶対に履きます。

 

タイツやパンストを履いていても、その上に靴下を履いています。

そして、カバンの中に、脱臭剤と一緒に密閉できる小袋に入れた靴下を2~3足は必ず入れています。

 

また、お化粧直しのついでに、フットカバーを履き替えるのです。

居酒屋のお座敷などで、クツを脱がないといけないときには、注文をする前にトイレで替えています。

組み合わせは配慮しないといけませんが、変に香水とかで誤魔化したりするよりも、全然効果的です!

私は加齢臭を発していないかと、考える年代に近づきました。

加齢臭を漂わせている人も、好き好んでその様にしているわけではないですよね。

義父の洗濯物に、ニオイを感じて「ウッ!」となって「クッサー!」と言ってしまった事があります。

 

ケアセンターで介護して貰っている、夫のお父様の洗濯物をわたしがしているときの事です。

私の気になるカレイ臭ですけど、衣類についていた事で言葉に出てしまいましたが、すぐそばに夫がいました。

いまだに、とても感じた通りの発言をしてしまったと反省しているのです。

 

ダンナは妻である私の事を分かってくれようとするのですが、心中では私が言った言葉でイヤな気持ちになったかも分かりません。

年齢臭のついた洋服の匂いの凄さに、耐えることができなかったのです。

当然歳を重ねると、新陳代謝が悪くなってきます。

 

またソックスが匂ってるなんて言っちゃったこともあります。

これは義理の息子が、親である私の家に遊びに来た時に、発してしまいました。

足の脂汗である体臭が、娘むこの周り全体から臭ってきたのです。

その時、ダンナの足のニオイは臭いけど、妻である長女は旦那様をかばってあげていました。

感じた臭いニオイに対して、すぐに口走る私はすこし落ち着いてから、口にしないとだめですね。

 

自分自身の脚の臭いが臭い事に困っている。

自宅に戻り、クツを脱ぎ家に入って通路を歩いているだけですごい臭いがする。

さらに靴下を脱ぐとまた強烈なにおいが襲ってくる。

鼻を衝く臭いニオイにフラッとくることもある。

 

何故脚のニオイが猛烈なのかわたしなりに考えてみた。

まずは、クツ。

靴のお手入れを何もしないでひと月近くひたすら履き続けていると臭ってくるのは当然だ。

しかも夏場だったら尚更だ。

靴を履き続ける時間なんて、少ないのだったら洗濯も適当になる。

 

次に靴下、靴下にも靴についていたニオイが移る事がある。

ましてや何度も何度も同じ靴下を使用していると、洗濯機で洗っても臭いまではとれない事がある。

このことが主な原因ではないかと考えられる。

ニオイ全部を消す事は難しいと思うが、最大限の対策をするとして次のようにしたらどうだろうか。

まずはクツの場合は水洗いも大事だけど、完全に乾燥させて天日干しをすることでニオイを抑制できる。

 

次に、クツシタについては洗濯したら充分に乾かすことが重要だ。

この2点をやるだけでも、大変変わってくると思うので試しても損はないと思う。

肌トラブルの元になり美肌作りの敵となる便秘

近ごろでは大半の女子が、便秘で悩まされていますよね?あたしもそれが悩みです。

3、4日間便通がないなんてこともしょっちゅうです。

しかし、便秘症は肌トラブルの元になり美肌作りの敵と言えましょう。

 

というわけでわたしが実践しているのが、朝「生酵素入りスムージーを摂取する」ことです。

このスムージーには、人気のホワイトチアシードが配合されておりおなかに溜るので、減量効果もあるんです。

私はそれを朝食代わりに飲用しています。

 

これまでにも私は様々な便秘改善策を実行してきました。

乳酸菌配合のヨーグルト・ラフィノース・便秘改善運動・繊維質食品を多めに食べる・エクササイズを行うetc・・と数えたらキリがありません。

けれどどれ一つとして上手くいきませんでした。

丸一週間出ないときもあり、便秘薬は使いたくなかったのですがドラックストアで整腸剤を買い求めることも少なくありませんでした。

 

でも、半信半疑で始めたこの朝ご飯置き換えスムージー。

便秘解消に役立ちました!感涙の極みです!ただおいしいスムージを飲んだだけで、便通が良くなるなんて素晴らしい!やっと報われたって感じですよ。

便秘が解消されてから1ヶ月もしないうちに、スキンコンディションが良くなってきて、ニキビに悩まされがちだった素肌があっという間に美肌になっていきました。

 

腸内の環境がこんなにも肌状態に影響するとは初めて知りました。

起きたら酵素入りのスムージーを摂り込んで快便、美肌獲得!!手軽でオススメですよ。

 

ワタシは全身美容を考えて、基礎となるカラダをシェイプアップしています。

そのやり方は、朝に「ラジオ体操」と「ウォーキングエクササイズ」を行う事です。

「それでなんとかなるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、この国民的体操を指先までしっかり意識すると、ちゃんと「運動!」って感じになります。

 

この国民的体操をウォーミング・アップで使い、汗ばんできたらそのまま、エクササイズウォーキングを始めます。

それもただ、ダラダラ歩くのではなく、しっかり意識をして歩きます。

 

気をつけているのは、「姿勢を正しく保つこと」、「大股&早歩きで行うこと」、「平常時の呼吸を保つようにすること」、呼吸のリズムが狂い始めたら、「歩き続けながら深呼吸をする事」などを意識して行っています。

そうする事によって、体脂肪も減り、血液循環も良好になり、素肌にとってはいいことだらけなので、あたしはキレイになる為に土台となる身体のダイエットは大事だと思うのです。

 

美容で食生活に注意しています。

果物類や野菜類をたくさん食べるようにしています。

野菜や果物は毎食頂いています。

どっちもできる限り旬菜にしているのです。

 

よく頂くお野菜は、白菜やタマネギ、とまと、ピーマンやレタスなどがあります。

あと良く頂く果物は、みかんやりんご、キウイ、チェリーなど複数あります。

 

あと間食はなるべく頂かないようにしています。

どうしてもという時は、少しだけにして食べています。

スナックの代わりにナッツ類や乾燥フルーツをいただくこともあります。

 

それと習慣的にカラダを動かすようにしています。

いつもやっているのは、ホットヨガやウォーキングです。

ウォーキングにおいては、二日に一回のペースで、30分程度です。

 

できるだけ早く歩くようにすれば、ダイエット効果も期待できます。

ヨガに関しては、雨でウォーキング出来ない時に部屋で30分程度やります。

以上、わたくしが美容に関して普段から気をつけていることややっている事でした。

 

三十路を越え、皮ふの老化も始まり、常に気をつかうことが増しました。

一日も欠かさず肌のエイジングケアや、外出する際は日やけ防止、エクササイズも規則的にやり続けていますが、最も注意している点は、普段から、二十二時台にはフトンにもぐり込み、深夜まで起きていないようにすること。

 

昔は遅くまで寝ない生活だったのですが、今思えば、体の調子が悪いときが少なくありませんでした。

直ぐにバテたり、インフルエンザなどの感染症にも罹りやすく、肌も大人ニキビ等が出来てもすぐに治らず調子悪かったです。

 

そこで、ニキビ専門外来で吹き出物を診察してもらったら、薬で予防する前に、生活習慣を変えてみてはという提案をされました。

それ以降、少しずつ就寝時間を早くして、次の日も早起きするように心がけてみたら、肌問題も解決し、病気にもかかりにくくなりました。

 

この頃では、生活リズムを良い状態で維持することが、あたしにとっての美容法になっていると思っています。

10年程前までにきびにかなり悩まされていたので、肌に関しては大体気をつけているつもりです。

そうかと言って、特に何かをしているわけではないし、高価なスキンケア用品を使っていることもありません。

 

あたしが、美肌のためにこれまで長いこといろいろなことを試してきて感じたことは、高い基礎化粧品を使わなくても、きちんと自分に合う化粧品を見つけて使っていく事は重要だと感じています。

 

大したことではないかもしれませんが、夏に限らず年中、日焼け止めクリームを塗ったり、洗顔はきちんと泡立てて使ったり、ときどきパックを使ってみたり。

あとは、チョコレートとかはあまり食べないように気を付けたり、バナナやオレンジなど美肌効果があるので果物も食べたりと自分で簡単にできる事を堅実にやっているつもりです。

 

「たったそれだけ?」と言う人もいらっしゃると思いますが、こう言うちょっとした積み重ねが大切だと思います。

吹出物の肌から美肌になり7年。

こうして続けていることで今も美肌を保てています。

今後もずっと、頑張りすぎずに続けていって綺麗なお肌を保っていこうと思います。

関節痛の悩んでいるならお試しキャンペーンを賢く利用>>トンデケア お試し