自分の汗臭って感じていますか?

汗での困りごとに、汗の臭いがあります。

みなさんは、自分の汗臭って感じていますか?

自身のニオイというものは、自分で感じる事は出来ませんよね。

 

薄着になる季節になると、となりの席の同僚から、ワキガの臭いがしてきます。

酸っぱいような、鼻にツンとくるような、不快な臭いなんです。

 

この臭いも、その人は気づいていないんじゃないかと思います。

そんなわたしも、私自身の汗臭は感じられません。

ワキガをはなっているかもしれないと思うと、恐ろしくなります。

 

周りの人が指摘するのは難しいと思うから、心配になります。

デオドラント剤とか汗を拭き取るシートも販売されていますよね。

あたしは制汗剤で対処しています。

 

制汗スプレーでニオイを消せればいいのですが、それを突き止める事は出来ません。

汗がどの程度臭っているのか、計測できる装置があると不安はなくなると思いますが…。

 

希望としては、「どんな系統の臭いか」、「臭い消しの対処法」などを、一緒に知りたいです。

体質的な問題もあるかもしれないので一概にはいえませんが、汗臭に気づかうことも礼儀のひとつではないでしょうか。

 

外で作業を行う職種なので、暑い時期は特に「汗臭」には注意しています。

周囲の人に嫌われてしまいそうだし、今ではスメルハラスメントと言い、体臭などが周囲の人々への害になる事としてよく耳にするようになったので、極力他人に不愉快な思いをさせないように気を付けています。

自分の対策としては発汗があった場合は放置せずにタオルで拭ったり、制汗スプレーや汗ふきシートを使ったり、日頃から体を動かすようにして、汗腺をきれいにするといったニオイケアを行っています。

 

そこまでやってもまだ気になるので、お仕事の時は替えの服や抗菌タオルなどを携帯し、汗を拭き取り、汗のニオイをなくすように頑張っています。

自身でも認識できる体臭ですので、他人が気づかないわけがないのですから、エチケットとしてケアは必須ですね。

 

また、上司(男性)の人でどんな時もいい香りを振りまいている人がいて、汗が出てトップスがビショビショになっても臭かった事は一度もありません。

洗濯で使っているであろう柔軟仕上げ剤の清々しい匂いしかさせないのです。

ニオイケアとして非の打ち所がないその人は洋服の替えも常備しており、必要に応じて着替えているようで、ホントに素敵だなと思います。

 

実際問題、皆どっかしら臭くなるんです。

その体臭が周囲の人々の迷惑になる事を心に刻んでおき、それから、やれるだけのニオイケアはしないといけないと考えています。

 

私は自分のカレイ臭を漂わせていないかと、心配するような歳になってきました。

カレイ臭を放っている人って、好きでそうなった訳ではないです。

お爺ちゃんの洗濯物に、匂いが残っていて「ウワっ!」っとなって「クッサッ!」と言ってしまったのです。

 

施設に面倒を見てもらっている、ダンナの父の洗濯をうちでやっていた時のことになります。

わたしが臭いと思ったカレイ臭ですけど、衣類についていた事でポロっと言ってしまいましたが、すぐ近くにダンナがいました。

何年たっても、頭に浮かんだ通りの言葉が出てしまったと思い反省しています。

 

旦那さんは何でも私の事を理解してくれようとしていますが、本当はわたしが言ってしまった言葉に嫌悪感を持ったんじゃないでしょうか。

年齢臭が衣類についたニオイの激しさに、耐えれなかった私です。

やっぱり年齢が上がると、代謝が落ちていきます。

 

しかも靴下がクサイなんて言っちゃったこともあります。

これは長女のダンナが、実家のわたしの家に夜遅く遊んで帰った際に、言ってしまいました。

足のクサイにおいが、義理の息子から漂っていたのです。

 

その際には、主人の足にニオイはあるけど、嫁である娘はそんな夫をいたわっていたのです。

気付いたことを、言葉にしてしまうのでもう少し時間をおいて、言葉に出すようにしたいと思います。

 

私自身の悩みはほんのちょっと緊張しただけで汗が出てきていしまう事です。

たまにしか行かないような洋品店や人前で発表をする時とかに、発汗する事が多いのです。

春夏秋冬発汗するので知り合いとアパレルショップに行った時などに汗をかくと、「調子悪いの?」なんてお友達に気を使わせてしまうのです。

 

また、洋服屋さんに行くと試着をする際にもそれを気にしてあまり試着出来ずに買う事が多々あるので、自分に合った服が買えないのです。

あたしはとても恥ずかしがり屋なので、初めての会った人と話をするときは汗をかくのです。

ですから、初対面の人から心配されたり敬遠されたりするのです。

 

なので、出来る限り知っている人以外にはアプローチしないように心がけています。

他には、たくさん汗をかいてしまうので臭わないか気にしています。

香水などを付けた場合却って汗のニオイと混ざってしまい臭くなってしまうのではないかと気になるので、フレグランスや制汗スプレーなどにおいのある物はできる限り使っていません。

些細な事だけど若々しさをキープする為に肝心なこと

女性なら、死ぬまで若くキレイでいたいと願っている人は多いと思います。

けれども年月っていつの間にか過ぎていくし、毎日の生活で忙しく、気づけば旦那と育児が優先になり、自分の事は棚の上と言う事も現実です。

日々暮らしていく中で、些細な事だけど、若々しさをキープする為に肝心なことを挙げてみました。

 

はじめに、たばこは吸わない。

血管を細くしてしまうので顔色も悪くなるし、体の為にもならないので、亭主にも家の中では吸わないようにお願いしています。

 

その次に化粧落としですが、洗顔料を多めに取り、皮膚は動かない様に、皮膚の上を滑らすように洗います。

顔の皮膚の厚みというのは予想以上に薄いので、強い刺激を与えた場合肌の負担になってしまうのです。

 

同じように、洗顔に関してもお肌を泡で包み込むように洗います。

スキンケアは自分の肌に合った物を使用するといいと思いますが、メイク用のスポンジやパフは日々使うものなので黴菌がつきますから、なるべく頻繁に洗っています。

 

あとは朝だったら紫外線防止対策です。

たたみの色が変わるのは、紫外線が家の中にも入ってくる為。

部屋に居てもUVカットは必須です。

 

基本となることですが、毎日の事でついつい、といった事だってありますよね。

けれども、かなり前の事ですが、コスメの販売員だったときに教えて貰った重要な事というのは、今現在でも忘れずやっている、そんな簡単な事の維持ではないでしょうか。

 

洗顔をしすぎないように気をつけていますよ。

顔を洗い過ぎてしまうとこわばった肌になります。

肌というものはよごれと言われているものを吸収したりしないので気にし過ぎるくらい洗顔しなくてもいいんですよね。

洗顔で何度も何度も失敗してハタと気付いたのです。

 

明らかに顔に汚れが付いていたりメイクが落としきれていないというのは感心できませんが、少しの汚れも許せないというような非の打ち所がない洗顔をすると肌がパサパサしてきます。

肌が乾燥するんですね・・・。

 

それまで潤いのあった肌が洗顔をしたらパサパサになってしまうことがあります。

その原因は過剰な洗顔です。

洗顔石鹸のせいではないのです。

 

どんな洗顔料で洗ったとしても自分自身が納得するまで徹底的に洗ったら肌の潤いは無くなります。

カサカサ肌以上のパッサパサになったこともあります。

全く汚れのない肌を求めた結果です。

 

そんなわけで顔を洗いすぎないように気をつけています。

顔を洗う際はお顔の汚れが落ちたと思ったらやめること。

もっと顔を洗い続けると必ず肌がパサパサになりますから・・・。

 

朝食・昼食・夕食に気をつける事で美容と健康に関しては良い状態にになるのです。

年を取ると、肌のしわやたるみなどのトラブルが増えていきます。

若い時は好きなものをどれだけ食べていても健康でいれたり、肌もツルツルな状態を維持できることがあるのですが、年齢を重ねるとともにキープできなくなるのです。

 

それから紫外線によるお肌のダメージはとても大きいので出かける時には日焼け止めを塗ったり、昼間に外出しなければ防ぐことが可能です。

3度の食事の質を上げれば、沢山の効果を実感できるのです。

肌のコンディションが向上するだけでなく、加齢と共に新陳代謝が落ちることによって体重が増えてしまったような方が細くなっていく実感が得られると思います。

 

ダイエットで食事制限をした場合、栄養バランスが崩れるので健康的に痩せる事が出来ませんので、一日三回の食事のバランスにはじゅうぶんに注意しなくてはなりません。

美しいままいつまでもと強く望むことが美容には肝心なのだと思います。

 

年齢が上がってくると皮膚がカサついてきたりシワが増えハリもなくなってきます。

そういった事は皮フだけじゃなくかみの毛も一緒です。

若い頃はしなやかで綺麗だったかみの毛が、いつのまにやら痩せて細くなってこれまでしてきたヘアースタイルが似合わなくなる事があります。

 

頭の毛のハリやコシが失われてくると若さが感じられなくなるので、確認が難しいうしろ姿は特に要注意です。

毛髪の伸びるスピードも、若い頃に比べると低下してきて美容室に足を運ぶことが少なくなってきたりします。

だけどそのままよりも、毛先を切ってリフレッシュすると外見上物凄く健康的になって見栄えが良くなります。

 

白髪染めなどをやり続けているとやはりゴワゴワするし、頭髪の先端の潤い感がなくなるとだらしなく見えて、ひとまとめにしてもおばさん感が出てしまいます。

スキンケアを念入りにするなら毛髪のお手入れも頑張りたいところです。

 

ぱさつく毛の先はトリートメント剤等で保湿ケアをし、元気のなくなったかみの毛は自身に適したシャンプー剤を使用することも有効性があります。

かみの毛はブラッシングすると潤いも出てくるので、ヘアメンテは年を取った方ほどこまめにしっかりとしたいものです。

しっかりとした肌ケアをやらないとあくる日のメイクに影響が出るように

自分は美しい容姿作りにおいて、ことに肌トラブルに気をつけています。

今年25歳になるのですが、どうにも3~4年前から、しっかりとした肌ケアをやらないとあくる日のメイクに影響が出るようになりました。

元々自分はお通じも悪い方なので、すぐ肌荒れを起こします。

 

それで、美肌になるべく2つの事を気をつけて行うようにしたところ、学生の時よりも素肌がキレイになりました。

一個目は、適切に水分を摂ることです。

ワタシはそれまで小まめに飲んだりしないタイプだったからか、便通が良くありませんでした。

 

なので、意識的に「水分補給」をし、カフェイン量に気を配り、ノンカフェイン飲料にすることで快便になるよう努力しました。

そして夜のスキンケアの習慣化。

 

私は敏感肌で、あらゆる美容化粧品でケアしてみたものの、いまいちだったり、お肌に合わなくなったりして困っていました。

 

ネット上でニベア青缶とハトムギエキス配合の化粧水っていい組み合わせで、低費用で肌荒れを防止できると知りました。

ガサガサさんでもテカテカさんでも試してみる価値があるって書いてあったので、すぐに実践しました。

毎日、お風呂上がりにハトムギエキス配合の化粧水を塗って、その次に「ニベア」でフタをするだけという非常に手軽な方法ですが効き目は抜群でした。

 

一年近く行っていますが、健康的な素肌が維持出来ています。

小まめな水分補給で便秘を解消したり、日々の適切なお肌のお手入れが本当にキーポイントだったんです。

 

若い頃はオールして遊んだり、飲みすぎたり、少しくらい、スキンケアを怠ったとしても、そんなにすぐに肌に影響がある事は無かったのです。

40近くなってから思ったのですが、寝不足だったり、食事の内容、スキンケアの手抜きなど、かならず翌日のお肌が変化します。

 

という訳で、疲れている時でもメイクオフは必ずすること、そして、出来るだけ、シャワーだけではなく、湯船に浸かるようにして、しっかりと体を温めて代謝を上げるようにして、よく眠る事に気をつけるようにしています。

食事についても、なるべくビタミン等がとれるお野菜を意識して食べるようにしています。

たりていないものはサプリメントを摂るようにして、普段から、摂っています。

 

面倒くさいと思ったりする事もありますが、洗顔後の肌ケアもちゃんとする事も、面倒くさがりのわたくしは、乳液の入った化粧水でケアをしていますが、自分の肌に合った物を使っています。

 
あと、1週間に1度はフェイスマスクをする事。

歳を重ねれば衰えはどうしてもでてきますが、今現在行っていることを地道に続けて少しでも、若くありたいなって考えています。

 

女子の場合天気よりも、肌コンディションが悪い方が、より気分に影響があると思います。

私も朝のお化粧の時に、メイクノリが良くないと、すぐにため息の一つでも出て来てしまいます。

重い気分を持ち直すために、わたしは生活の中でこんな事を注意しているのです。

 

1個目に、睡眠。

「体が休まった」と感じられるように、ご飯はなるべく眠りにつく数時間前に済ませるようにしています。

短時間でも、満足できれば良いとします。

 

次いで、保湿する事です。

私は乾燥肌らしく、顔を洗った後スグに、まだしっとりしているうちに美容オイルを付けるようにしています。

そのままにしておくとなくなってしまう水気が保たれて、お肌に潤いが出ます。

 

それと、食についてです。

体調がすぐれないと肌荒れを起こします。

私の場合冷え性なので、不調の原因となる冷えを予防する為に、人参などのお野菜やタンパク質等、体を温める素材をできるだけ取るようにしています。

砂糖やバナナはカラダを冷やすみたいですので、少々控えた方が良いそうです。

(糖質については、「私」は棚上げです・笑)

 

あと、楽しみながら常に、少しずつでも体を動かすようにしています。

ムリしない程度に軽くジョギングしたり、他にも、家でストレッチをしたりします。

ありふれた事かもしれないですし、普段の日々の中では継続していくのが難しい事もあるかもしれないのですが、意識してやってみることで体の中から変わっていくと思います。

気になったら、ぜひ試しててみてくださいね。

60代の女性に聞いて気付いた、たるみを持ち上げていくことの大切さ

40代を終えいきなりあごのラインが気になりはじめてきました。

すっとした一本の線のはずが、気づけばフェイスラインは崩れ、どう見ても頬肉がだらんと落ちてきてます。

 

ある日60代の方で輪郭が美しい人と友人になりました。

その女性にお手入れ方法を聞くと、基礎化粧品をつけるときに下から上に皮膚を持ち上げるようにしてケアしていると話してくれました。

その話を聞いて、日々化粧水などを適当に肌に与えるのではなく、それと同時にたるみを持ち上げていくことの大切さが知りました。

そういう美容習慣が重要なんだと思いそれ以降あたしも意識的に行っています。

 

自分の場合はケア用の椿油にローズマリーやカモミールの精油を数滴混ぜ込んでたるみケアをやっています。

過去に「リンパマッサージ」の方法を学んだことがあったので、それを応用しています。

体の重さに変化がなくても継続していると心なしか顎ラインがすっきりとしてきました。

 

「痩せた?」と聞かれることがありました。

くたびれていたりすると煩わしく思う事もありますが、怠るとあっという間に肌の調子が悪くなるのです。

セルフスキンケアをずっとやっていくつもりです。

 

どういう訳か日やけ止めと相性がイマイチで、つけた後赤いポツポツができたり痒みが出ます。

どんなUVカットクリームでも症状がでるので、要するに塗らない方が良いことに落ちつきました。

けれども、UVケアをしないで出かけるなんて怖くてできません。

 

そこで薄暗くなったら外に出かけるという生活に変えてみました。

どうしても時間を要する買い物は違いますが、今の世の中は多くの商店が20時や21時まで営業しているので何とかできます。

スーパーに限っては深夜営業してる店もあるので全然不都合もありません。

 

このように拘ってみたら、日焼け止めクリームはもちろん化粧も最低限で肌荒れが随分なくなりました。

それは肌に触れただけで感じ取れるし、実際に見ても納得。

私にとって、人と同じように日焼け止めを塗ったり化粧をすることはかなり大掛かりなことなんだと身にしみました。

詳しく説明すると、ごてごてと塗ることがないので化粧落としの化粧が残るかんじが無く、黒ずみもほとんどありません。

 

ですので肌の色が随分と明るくなりました。

そうしたらファンデーションを塗らないでも、ポイントメイクだけで問題なく見られるようになりました。

やはり紫外線というのはいろんな意味で良くないんだなあと心から思っています。

 

わたしが美容で一番気にしているのは、「保湿」です!モイスチュアケアをしないと、肌トラブルのきっかけになってしまったり「シミ」「シワ」などが発生するきっかけになってしまったりするんですよね。

わたしはそれが滅茶苦茶怖いので、保湿に物凄く力を入れているんです。

 

とりあえず、入浴後は、即座に、「全身に」保湿ローション等を使います。

体中隈無くはたくっていうのがポイントです。

大半の人は、お顔の保湿ケアはたぶん念入りにやっているかと思います。

 

ですが、ボディ部分の潤い補充にはあまり気を配っていない女性が大半なのでは?
フェイスケアでは、美容化粧水を使ったあとに、化粧乳液をしっかりと塗り込むというよくある肌ケアで終わりです。

 

顔以外では、この後全身用のクリームを塗りますが、先ずは、保湿ローションを十分にはたきます。

美容ローションを使用すると、体用のクリームの吸収力が上がるそうで皮フをモチモチにしてくれたり「美容成分」を肌の奥まで届けやすくなるそうです。

 

潤いは大切です。

潤い保持のために、顔部分も2段階、カラダも2ステップの潤いケアをしましょう。

 

健康管理を行うことは丸ごと美容につながります。

健康保持のために、ご飯はしっかりと3食摂ります。

また、しっかりと「ベジタブルファースト」を守り、お食事のまえに「炭酸水」をのんでお通じを改善させています。

 

あと、おやつはできる限りとりません。

甘い物の過食、特に、チョコ系のものをたべすぎると、にきびや皮膚トラブルの元になります。

 

さらに、眠ることにも気を配っています。

少なくとも6時間睡眠、できれば七時間半とるようにしています。

 

眠る時間帯にも気を付けています。

11:00pmには眠るようにしています。

11:00pmを過ぎてから就寝すると、肌あれの元となりますからね。

 

それから、暑いシーズンには、家を出る時には忘れず汗ふきを携帯しています。

ちょびっとでも汗が出ようもんならただちに拭き取ります。

そのままにしていると、汗疹になってしまい、そこから肌荒れにもつながるのです。

 

これらの日々の習慣を継続する為に効果的なのは「運動」です。

1日に半時間でもアセが滲むくらい動けば、食欲も促されますし、睡眠にもいい影響を与えます。

美容法って言われるとなにをどう行えばいいか迷ってしまいますが、健康管理という考え方をすれば実際に行動しやすく、美容にもつながります。

 

自分のやっている洗顔は、時間がかかるのでいくらか煩わしく感じるかもしれません。

因みに、これはバスタイムにやるやり方です。

自分の洗顔法は、まずは絶対に石鹸を使います。

 

これは絶対に石鹸でないと駄目です。

液体石鹸よりも「固形石鹸」のほうが洗い流したときにばっちりと流しきることが出来るからです。

 

あと、これは各々の肌状態によるのでしょうが、合成物質などがはいってない石鹸をつかいます。

成る丈不要なものが一切添加されていない石鹸です。

 

次に用意するのが洗面器一杯分のぬるま湯です。

改めて顔を湿らせることはしません。

お風呂場なので顔はすでに湿っていますからね。

 

それから泡を作るネットです。

これはいつもよくすすいでから乾かしており、クリーンな状態が維持されています。

これが汚いと、顔を洗うことによって顔全面にバイキンをつけることになります。

 

そしてようやく顔を洗います。

ネットでこしらえた泡をふんだんに顔に潰さないようにつけます。

均一に広げ終わったら、たっぷりのお湯ですすぎ落とします。

 

そこで忘れてはいけないのは、決して手でゴシゴシしないこと。

泡が残らないようにすること。

毎回十分に時間をとってこの様な洗顔法を行っています。

時間的に出来るという方は一度はトライしてみてください。

参考:アスハダお試し通販!初回65%OFFで試せる羊膜エキス配合美容液
URL:https://www.pandjcomputers.com/