若い内は好きなものを好きなだけ食べていても健康でいられるけど…

毎日の三回のご飯に気を使う事で美容と健康には良い状態にになるのです。

年を取ると、お肌のシワや弛みといったトラブルや悩みが増えます。

若い内は好きなものを好きなだけ食べていても健康でいられますし、肌の状態も綺麗に維持できることがあるのですが、年齢と共にそれができなくなります。

 

また紫外線で受けるお肌の痛みはとっても大きいので、外出する際には日焼け止めクリームを塗ったり、昼間に出かけないようにすればだいぶ防げます。

朝食・昼食・夕食の食事の質を上げる事が出来れば、色々な効果を実感する事が出来ます。

肌の調子が良くなるだけじゃなく、年齢とともに代謝が悪くなることで太った人が細くなっていく実感が得られると思います。

 

ダイエットで食事を制限してしまうと、栄養バランスが悪くなり健康的に体重を落とすことが出来ないので、1日の3回の食事の調整にはしっかりと注意する必要があるのです。

ずっと綺麗なままでいたいと思い気持ちが美容には肝心なのだと思います。

 

毎日毎日暑い日が続いて、サンサンと降り注ぐ太陽ばかり見ていると紫外線たっぷりで嫌になっちゃいます。

肌にとって太陽の光は天敵!日焼け止めクリームを塗りさらに紫外線カットのファンデーションを使うのですが汗で流れてしまい大変。

何回メイクを直しても大量の汗と共に流れていって、いつも汗と、紫外線とで戦っています。

 

それから、気をつけるべき箇所がデコルテとうなじ。

UVカットクリームを塗りその上に肌を隠すように気をつけて外出するのですが、帰ってくると赤くなっている事もあります。

そんな日は、風呂から上ったら、火照った体を冷ますのと併せて、美白効果のあるボディミルクを塗るようにしています。

 

当然基礎化粧品も美白効果のある物を選び、入念に手入れをしています。

どんなに日に焼けないように注意していても、やはり日焼けしてシミやシワをつくってしまうことになります。

 

そして、疲れが見えると、よけいにしわが目立ち、顔もたるんでしまいます。

こういう日は熱めの湯船にのんびり浸かって顔のリンパマッサージをすると疲れも取れて顔も心も軽くなります。

 

友達とケンカして何日もなかなか寝付けずに睡眠不足になってしまうと、精神的ストレスがつのり、肌トラブルにまで悩まされた時がありました。

「仕事」だったら難しくても、考えれば出来ることだったので悩みを引きずらずに済むため肌荒れも少なかったです。

若いときから赤ニキビは気に掛かっていて、お肌のお手入れを入念にしてきたわけではないのですが、肌荒れはずっと気掛かりでした。

20代半ば頃から、色々とうまく事が回り始めてきたので気持ち的にも穏やかになり、肌トラブルも起きにくくなってきました。

 

いま現在は一人子供がおりますが、子どもが幼稚園に入った頃から心にも時間にもゆとりができ、肌の調子もいい感じです。

ホルモンバランスも関係すると思います。

私は生理が早かったり遅れたりするので、前から困っていました。

産婦人科に足を運んだ時に話してみたら、食生活の乱れや精神的ストレスでもホルモンのバランスは崩れると説明されました。

 

悩み事が多いと、「食べる事」も「眠り」も何もかもが乱れてくるので肌荒れもします。

自分には「ストレス」が天敵だと思っています。

教えてもらった洗顔のやり方だと洗い上がりが全然違ってくる

肌をきれいに保つ為に、日々のお手入れは欠かしませんが、やっぱりどうやっても、老いていく歳は避けられません。

であれば、スキンケアのランクをあげたくなるのが一般的ではないでしょうか。

でもその前に、まだまだやれることがあると思うんです。

 

私自身が行っている事は、ルーティーン的な洗顔をする事です。

最初に、顔を洗う石けんをちゃんと泡立てます。

掌だけでは泡立ちが悪いので、市販の泡立てネットを使用するといいですよ。

 

それから、泡を両手で持って顔を洗うのですけど擦りつけるように行うのではなく、泡だけで包み込むように顔を洗います。

手で洗うというよりも、泡だけをお肌にあてる感じです。

 

次にぬるま湯を使って十分に泡を流して、顔を拭くのですがその際にも擦るのではなく、顔を押さえるように優しくタオルドライします。

こうする事で、洗い上がりが全然違ってくるのです。

この方法は、サロンを利用した際にスタッフさんから聞いたことなので大丈夫です。

 

美肌術として大事なのが、肌状態に適した「保湿」を日頃からやっていくという事です。

まずは美容化粧水でお肌に水分チャージです。

第二に、美容液で集中的な保湿をしてあげます。

ライン使用で目標を定めてやっていっくのもいいと思いますし、◯◯対策用みたいな集中美容液を季節毎に変えて用いるのもいいと思います。

 

具体例としては、湿度の低い時期だったら保湿力の高いしっかりと潤い感がでる保湿液。

紫外線の強い時期には、シミ対策用美容液を使うなど、時期によって気になる肌トラブルを保湿対策と並行してしっかり肌メンテしてあげましょう。

そして最後はクリームか乳液です。

これはその時の肌状態によってつけ心地の軽い乳液タイプを選ぶか、こくのあるフェイスクリームを選ぶか、使い分けると良いでしょう。

 

その時に気をつけてほしいのが、こういったアイテムは水分補給した美容ローションや濃縮美容液の水分を保持して、閉じ込めるために使用するので分厚く塗らないことが大事です。

薄皮一枚分くらいのイメージで使うのがベストですね。

自分の自己治癒能力が弱まるので過度な「保湿」は行わないようにしましょう。

 

美容に気を付けていることは髪を綺麗に保つことです。

髪は毎日のようにケアしますし、一日に何度も手入れするので、1回1回慎重に髪が傷まないように手入れしています。

髪の場合はお肌と同じではなく、悪くなってしまった部分を自力で補修したり修復する力を持っていません。

 

お肌がダメージを受けた場合肌が持っている力で治せるのですが、髪の毛はそういう訳にはいきません。

なので髪はお肌以上に気を使って手入れしています。

自分はシャンプーをし過ぎないように気を付けていますが、毎日髪の毛は洗わなくてもいいということを知り髪の毛を見て洗うか洗わないかを決めています。

 

髪や頭皮のヨゴレが気になったときにだけ髪の毛を優しく洗っています。

髪と髪をが擦りあわないようにシャンプーしているのですこし時間がかかってしまいますが、良質の物を使うのでシャンプーの泡にトリートメント効果もあって一石二鳥です。

シャンプーは質が良いものを選んだ方が確実に髪の毛はきれいになると思います。

 

部分的に乾燥肌だったりするのですが、そのような潤いが足りない所が日々いつの時間にも無くなるようにちょくちょくケアをするようにしています!顔を洗った直後がもっとも潤い不足になるので、そのときはすごく丁寧に何度も美容液などをつけては乾燥を防いでいます。

 

「ニキビ」が現れたり皮ふのトラブルやしわができてしまう原因というのも、肌の潤い不足を放っておいたことにより起こっていると体感しているので、カサカサしないようにケアをすることが何はともあれ物凄く重要なんだなぁと思う訳です。

お肌には化粧水を贅沢に与え保湿力を高めてから、自分にあっている乳液などでうるおいを閉じ込めるという美容法がとても乾燥肌対策には有効性があるのです。

 

うるおいが保たれていると素肌自体にハリ感がでてきて、艶やかな感じも継続されるので、結局乾燥肌対策は重要なのです!なおいっそう乾燥がひどくなる寒いシーズンには、保湿マスクでしっかり保湿ケアすることも大切なポイントです。

兎に角、乾燥している時間が少なければ少ないほど、肌荒れがなくなるので、意識して努力を重ねることが最も美肌作りの基本だと考えています。

手は他人から見られやすい場所なのでいつも綺麗にしておきたい

いくつになってもきれいな手でいられるようにハンドクリームを夜眠る前につけています。

寝る前にスキンケアクリームを塗るだけで手の潤いが損なわれていないように感じます。

スキンケアクリームはここ最近種類がいっぱいあってにおいの種類も増えました。

 

お花の香り、果物の匂い、香の匂い・・・。

自分は香の匂いが好みで中でも白檀の香りが好きです。

サンダルウッドの匂いの手肌用のクリームは限られるけれど、数種類の匂いがブレンドされた中にビャクダンが入っているのも好きです。

寝る前に薬用ハンドクリームを塗ると肌の温もりで温まっていい香りがします。

白檀の香りを嗅いでいると知らず知らず眠りに落ちるのです。

 

眠っている時ならクリームが剥がれ落ちなくて良いです。

起きていると水を使うことが多いのでハンドクリームなんて全く効果はありません。

寝る直前にハンドクリームを塗り絹の手ぶくろをして眠ると手がしっとりとして…感動するくらいの手ざわりです。

 

手は他人から見られやすい場所。

きれいにしている方が良いですよ。

 

わたくしが努力しているのは、正しい姿勢をキープする事です。

前は背筋が丸くなっていて、猫背で悩んでいました。

腰は痛いし肩コリもあったので、休日は、疲れ切って家でグタッとしていることもありました。

 

なので、わたしがやろうと思ったのが、ホットヨガになります。

体が柔らかい方ではないので、やり始めた頃はポーズもうまくとれませんでした。

だけど、続けていたら、ムリだった構えも徐々にできるようになりました。

 

それまでよりも体がしなやかになっていったのです。

2~3日に1回でも、継続的にやることで、体が変わっていく事が分かるようになりましたし、暮らしぶりを見直すようになったのです。

 

肌のコンディションも整ってきましたし、姿勢や体のラインが良くなってきた事を、感じるようになりました。

ウエストにくびれができ、太もももやせてきたのです。

女らしいスタイルになり、体の軸がしっかりしてきたのもうれしいです。

 

やる気が出来て、平穏な生活ができるようになったのです。

やった分だけ、変わっていくのが分かるので、これから先も継続したいと思っています。

 

一番初めに食生活の事ですが、余計なカロリーを溜めないようにするために、夜のご飯は早めの時間に食べる事、それからご飯の後は甘いお菓子を食べないこと、この2点です。

昔からの何気ない決まりなのですが、いま現在アラフォーの子持ちなのですが、高校生の頃からずっと変わらない体重です。

妊娠している時も10kg弱増えただけです。

 

メニューが同じでも、朝食べるのと夜食べるのとでは、何十倍も脂肪になるのに差があるので、お腹が空いたらそれを考えて我慢我慢。

翌朝の早起きするきっかけになります。

 

次は見た感じの印象です。

自分自身全然気にしていなかったのですが、いい姿勢みたいで、ホントの歳よりも若く見られるので、私のことは別として、姿勢の悪い方を見ると実年齢より老けて見えてしまったり、キレイなんだけど勿体ないなと感じたことは何度もあるので、姿勢も重要なポイントだと思います。

それから運動の事についてですが、カロリー消費のために歩く速度もとても大切だそうです。

 

産後、産婦人科で基礎体力と筋力をチェックして、歩くのにちょうどいいスピードを算出してもらいました。

意外と早足で驚いたのですが、この際、効率的に!ですよね。

普段の生活の中に簡単に取り入れられるものを日課に出来るといいかなと思います。

 

私自身が主に気遣っていることが睡眠になります。

今までの間たくさんの化粧品を試してきて、高価な化粧品も試してみました。

やはり評判の良い化粧品は効き目を感じる事ができたので、高級化粧品ってやっぱりすごいんだなと感じたこともあります。

 

ただ、いかにいい化粧品でケアしていても、効き目がなかった時期がありました。

それはきちんと睡眠ができていない時なのです。

良質な睡眠というのは成長ホルモンの分泌を活性化させるのです。

 

それに、成長ホルモンというのはコラーゲンの生成に深いかかわりがあります。

つまり、睡眠がとれていないと、成長ホルモンの分泌が減ってしまうので、肌に欠かせないコラーゲンの生成も減少してしまうのです。

そうすると、いくら外側から質の良いケアをしたとしても、肌の内部側はそれを受け入れられるようになっていない為、本質的な効果が得られないのです。

 

質の良い睡眠をとって、成長ホルモンをしっかりと分泌させて、肌の地盤をしっかりと準備してあげる事が、基本のスキンケアだと思います。

出来れば夜の0時までに眠りにつくようにし、かつ軽い運動などをして良質な眠りがとれるように、健康よりも美容に的を絞って努力しています。

 

特に、野菜と果物中心の食事をするように気配りしています。

お肌の敵の、便秘にならないよう、芋類やキャベツなどで食物繊維を摂り、女性ホルモンを整える為に、豆乳や豆腐など、三食中一食は大豆製品を献立に入れるようにしています。

 

また、食事のあとはおやつを頂きたいので、甘いものももちろん頂きますが、出来るだけ果物、可能であれば地元で生産されたものを、選択しています。

次に、白湯もお肌に良いらしいので、前の晩に作って魔法瓶のポットに入れておいて、寝起きに頂いています。

吹出物が出来たら、そのあとが残る事で悩んでいたのですが、食生活に気を付けるようになって一年半、吹出物というのは、出来なくなってきました。

 

昔から野菜は大好きなので、この生活がイヤにならずに、継続できたのだと思います。

それから、睡眠においても、お肌のゴールデンタイムの22時~2時の間はかならず、とっています。

【参考サイト】ホクト生アガリクスエキスの販売店は?薬局・ドラッグストアで市販なし?
【URL】https://www.unter-strom.com/